フリーターと正社員の格差【生涯給与】

生涯年収額にはこんなに差がでる!

フリーターと正社員の格差で、最も大きい要素が生涯給与ではないでしょうか。「正社員は自由がないよね」と思ってフリーターを続けても、誕生日を迎えるたび不安になるものです。

特にお金の問題は生活に密着していますから、どうしても逃れることが出来ません。若い頃は夢を叶えるため、希望を持ってバイト生活を続けられるかもしれませんが、20代後半になれば現実が迫りますよね。

「あれ? このままだと収入が増えないぞ。いつまで経っても時給の仕事から逃げられない…」という思いです。

先にフリーターの生涯賃金からお伝えすると、平均で6000万~7000万円というデータがあります。

東京や大阪なら月15万は稼げると思いますし、そうすれば年収180万円、仮に40年働くとすれば7200万円ですね。月20万の高額バイトを続けられるなら、年収240万、生涯年収は9600万円になります。

平均時給は地域によっても異なるので、最低賃金が低いエリアなら「月10万円がやっと…」というケースもあるでしょう。その場合は年収120万円、40年働いて4800万円ですね。

このように仕事内容や地域によっても差はありますが、中間データとして生涯年収は6000万~7000万と言えるでしょう。

それに対して正社員ですが、高卒と大卒で違いが見られます。

高卒
【男性】2億5000万
【女性】1億8000万
大卒
【男性】2億8000万
【女性】2億4000万

高卒よりも大卒の方が初任給が高いため、生涯給与で比較すると差が付くようです。

収入格差が生まれる理由

フリーターと正社員では圧倒的な差になりますね。その理由が昇給とボーナスです。

一昔前のように年功序列の社会ではありませんが、それでも年齢と共に昇給するのが基本です。アメリカのような完全な能力給(能力主義)の会社は少ないですし、日本人の気質に馴染まないのではないでしょうか。

解雇、リストラは増えていると思いますが、会社で長年働けば、年齢と共に昇給するケースが多いですよ。その辺りはマルクスの資本論に詳しいので、時間があれば読んでみて下さい(入門書を読むだけでも良いです)。

「仕事の成果は賃金に反映されないの?」と思われるかもしれませんが、その部分はボーナスの査定に組み込まれることが多いですね。そう、フリーターと正社員では(基本給以外にも)、ボーナスで大きく差が付くのです。

今はボーナスカットの会社もありますが、夏と冬に支給している企業もありますし、『賞与は基本給の2ヵ月~4ヵ月分』という規定が多いようです。また、会社を辞める際に退職金が支給されたり、老齢年金でも収入に差が付くんですよね。

フリーターは国民年金のみですが、正社員は厚生年金がプラスされますし(年金は2階建ての構成になっています)、さらに公務員として長年働けば共済年金が支給されますよ。

そのような老後の収入格差だけでも約7000万円違うと言われていますし、生涯収入で比較すれば「2億5000万から3億円の違いになる」と言えるでしょう。

お金が全てではありませんが、お金がなければ生活できません。アルバイトのままでは結婚も厳しいでしょうし、子供を養う経済力とも程遠いのではないでしょうか。

今が良いきっかけなので、ぜひ正社員就活をはじめて下さいね。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス

【DYM就職インタビュー】DYM就職がフリーター・ニートの就職に強い秘密とは?