正社員とフリーター【賞与・ボーナスの差】

年2回支給されるボーナスの存在は大きい

正社員とフリーターの差で大きいのが賞与・ボーナスです。生涯収入を比較しても圧倒的に正社員に分がありますが、その内訳として給与だけでなく、ボーナスの有無も大きいんですよね。

ボーナスを支給している会社で多いのは、夏と冬の年2回です。それぞれ給与の3~4ヵ月分だったり、仕事内容を評価されて金額が決まります。

私が最初に就職した会社では、10年勤務の上司の夏のボーナスが200万でしたね。冬のボーナスは夏よりも少なかったですが、それでも100万前後支給されていたと思います。

私は中途採用の新人でしたが、それでも入社して2ヵ月後に10万円のボーナスを貰いましたし、それだけでもアルバイト生活と大きく違いますよね。

「お金が全てではない」と思っていても、お金を稼げなければ働くことはないでしょう。フリーター時代は「お金よりも夢が大切だよ」と考えるかもしれませんが、正社員になっても追いかけられる夢はありますし、それと同時にお金も大切ということです。

年齢を重ねて結婚したり、子供が産まれれば、より痛切にお金のありがたさを感じますし、そのためにはボーナスが支給される正社員の方が生活は安定しますよ。

正社員は責任が重い分、ボーナスの可能性あり

フリーターでも職場からボーナスを貰うことがあります。しかし全体的な比率で見れば、ごくわずかではないでしょうか。それに賞与が支給されていても、同じ職場で働く正社員の方が、より高い金額を貰っているはずです。

仕事の責任だけ考えれば、アルバイトやパート、派遣の方が軽いですよね。自分で対処できないトラブルやクレームが発生すれば正社員に相談するでしょうし、その正社員が対応するはずです。大抵の職場がそうではないでしょうか。

アルバイト生活を始めた当初は、そんな正社員の姿を見て、

「社員は大変だな。アルバイトは楽でいいや」

と感じるかもしれませんが、20代半ばを過ぎ、27歳、28歳、29歳と年齢を重ねるうちに変わっていきますね。

「いつまでアルバイトを続けるんだろう。もっと責任ある仕事がしたい!」

と思うのが自然ですし、たとえ仕事内容・役割が重くても、やり甲斐ある仕事に就きたい、その評価としてボーナスが欲しい、そう感じるのではないでしょうか?

私は正社員として就職した後、別な会社へ転職、最後は契約社員として働きましたが、契約社員にボーナスは当たりませんでした。周囲の正社員は皆ボーナスを貰っていたので、その時に正社員との違いを強く感じましたよ。

収入の違いだけでなく、立場の違いを痛感するんですよね…。

と肌で感じました。さらにフリーターと正社員なら…上記の違いをより強く感じるのではないでしょうか?

今はボーナスを支給しない民間企業も増えていますが、大企業や業績の良い中小企業の中には、年2回ボーナスを支給している所もありますので、まずは就職支援サービスに登録して情報収集されて下さいね。

その際は遠慮なく「ボーナスありの正社員求人を希望します」と伝えても良いと思います。

あなたの希望に沿った求人募集を探してもらえますし、就職支援の担当者とコミュニケーションを取りながら、効率よく就活を進めて下さい。

正社員のボーナス平均額

ボーナス支給額、気になりますよね。

民間企業全体の平均は夏のボーナスで36.5万円、冬のボーナスで37万円だそうです。

夏のボーナスは6月、もしくは7月支給が多いですね。
冬のボーナスに関しては12月が多いでしょう。

支給月数ですが、大企業は月給の2.4カ月分、中小企業は1カ月分のボーナス支給が相場と言われますが、企業によってかなり差が出る部分かも知れません。

ボーナスをもらってからが転職市場も活発になる時期ですが、中途採用を狙っているフリーターの方も、この時期は未経験OKの正社員求人が増える時期でもありますから、情報収集をぜひ行ってみてはと思います。

フリーターからボーナスありの正社員に就職するには

フリーターから正社員就職を目指す方には、

上記のような20代のフリーター・第二新卒・既卒者向けの就職支援サービスがおすすめです。

こうした若年層・フリーター向けのサービスでは未経験でもOKの求人ばかり取り扱っていますから、フリーターからの就職もしやすいんです。

またこちらの希望に合った求人を紹介してくれるので、ボーナス重視、給料重視ならその旨を伝えておけば条件に合う求人を紹介してくれます。

正社員といってもボーナスなしの職場もありますからね、事前に詳しい情報を入手するのは重要です。就職支援サービスなら求人の詳しい情報を持っているので、入社後のミスマッチを防ぐことができるんです。

そしてもう一つ、フリーターからの就職ではこれまでの職歴がネックで書類選考に通らないという方も多いのではないでしょうか。

上記のサービスのうち、DYM就職とジェイックでは書類選考無しで企業担当者と面接することができます。これにより、職歴だけで落とされるということが無くなるんです。

採用担当者と直接会う事ができれば、書類だけでは伝わらなかった熱意ややる気をアピールできますよね。これにより成功率が一気にアップするんです。

さらにDYM就職なら、一部上場企業やトップベンチャーなど、厳選された優良求人の中からマッチングを考慮した上で紹介してもらえますから、ボーナスありの優良企業とも出会えるチャンスはグッと増えます。

ボーナスありの会社に就職したい、優良企業に就職したいというフリーターの方は、ぜひ上記でご紹介したDYM就職をはじめとした20代フリーター向け就職支援サービスを利用してみてくださいね。

実はボーナス無しの企業は意外と多い

ボーナスってあるのが普通、と思っていませんか?

実はボーナス支給が無い会社もあります。
ボーナス支給は義務ではないため、支給されない会社に勤務すると支給されません。

独立行政法人統計センターの「毎月勤労統計調査」によると、例年ですが、夏・冬ともに約30%の企業がボーナスなしとなっています。

今は好景気、と言われていますのでボーナス支給割合、支給額も伸びているとはいえますが、景気が悪くなるとまずカットされるのがボーナスです。

ただ、これから就職先を選ぶ皆さんにとっては、ボーナス支給は無いよりはあった方が良いですよね。

就職エージェントを利用して就活をする場合には、応募先の会社のボーナス支給に関しても確認をしてもらう事が出来ます。

ボーナス支給に関わらず、気になる事をしっかりと確認をしてもらことが、ミスマッチ就職を無くすポイントともなります。

正社員の楽しみ、ボーナス!支給される会社選びを

ボーナスに関しては、求人情報に掲載されていることもありますが、特に記載が無い会社もあります。

入社して1年目はボーナス無し、寸志の事もありますが冬のボーナスを期待していたら実はボーナス支給の無い会社だった・・・では笑えませんよね。

念のため、ということで求人へ応募する前に確認をされると良いでしょう。

こうしたお金が絡む質問に対しては、第三者である就職エージェントから聞いてもらうと気持ちも楽ではないでしょうか。

フリーター・ニートに特化した就職エージェントを先ほどご紹介しましたが、気になる事を様々、代わりに聞いてもらうことが出来ます。

入社してから失敗した!と思う事がないように、事前の情報収集はしっかりと行いたいですね。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス

【DYM就職インタビュー】DYM就職がフリーター・ニートの就職に強い秘密とは?