フリーターから営業として就職

未経験でも採用されやすい営業職

フリーターから営業として就職を考えている方向けのページです。

営業の仕事は未経験でも採用されやすいですね。結果重視の職種ですから、未経験でも適性があれば可、数字をクリアすればOK、と考えている会社が多いです。

その分、売上を出せなければ厳しい仕事とも言えますが、会社によっては新人研修が充実していたり、まずは先輩社員に同行してやり方を覚え、その後に独り立ちする、という流れもありますね。

営業と一口に言っても、新規開拓もあれば、既存客を重視した営業もあります。まずは電話でアポを取って訪問したり、電話営業はアルバイト・パートスタッフが担当し、社員はその後のクロージングのみ担当する、という会社もあるんですよね。

ルート営業、提案営業、飛び込み営業など種類も様々ですが、その辺りは就職後にやり方を覚え、実戦で鍛えて下さい。

営業職への適性を考えましょう

営業の適性はコミュニケーション力、会話力なので、接客のバイト経験があれば有利ですね。逆に、人と話すのが苦手、初対面だと人見知りするタイプは、営業の仕事が厳しいかもしれません。

どのような仕事にも共通していますが、その仕事に興味を抱けるかどうか?得意かどうか?の2つを考えて下さい。興味があっても苦手な仕事は続かないですし、得意でも興味がなければ、やはり長続きしないでしょう。

たとえば…私はそれなりに営業で結果を出せましたが(得意な仕事)、営業が好きではありませんでした(興味がない)。それでも、当時は無理に「営業が好きなんだ」と思い込んでいましたが、ストレスから暴飲暴食が止まらず、見る見る体重が増えていきました。

私が経験したのは士業事務所と教育機関の営業ですが、どちらも一定の数字は出していました。しかし仕事が終わった瞬間ぐったりしていましたし、休日は無気力状態で起き上がれませんでした。

元々の性格が人見知りですし、コミュニケーションも苦手です。それを無視して営業の仕事に就き、一定の結果を出しても、長続きしなかったんですよね。

給料の高さは魅力ですが、まずはご自身の性格を振り返り、コミュニケーションが得意かどうか?を考えて下さい。その後に営業職への興味を考え、「営業の仕事がしてみたい」と思うなら、紹介会社の担当者に希望を伝えると良いですね。

フリーター対象の人材紹介会社、就職支援サービスがありますし、営業の正社員求人は紹介を受けやすいと思われます。

男性、女性ともにニーズがありますが、特に男性は、事務ワークよりも営業の方が就職しやすいですよ(ハローワークの窓口担当者がそう言っていました)

人材紹介会社は無料で利用できますから、気軽に会員登録を行って下さいね。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス

【DYM就職インタビュー】DYM就職がフリーター・ニートの就職に強い秘密とは?