既卒者におすすめ就職サイト

既卒者におすすめ就職サイトですが、人材紹介会社求人サイトに分けて考える必要がありますね。

人材紹介会社

まずは人材紹介会社ですが、無料登録後に面談を行うのが基本です。その面談の中で、担当者があなたを客観的に分析してくれますし、あなたの方から業種・業界の希望を伝えることも出来るでしょう。

どのような希望も全て叶うわけではありませんが、自分ひとりで正社員求人を探すよりも、効率的に仕事探しが出来ますね。

上記のような既卒者でも、人材紹介会社を利用すれば相談可能です。地域的にも東京にお住まいなら利用しやすいですし、それ以外のエリアも対象地域に入っていれば活用できますよ。

既卒は第二新卒と違って、今までに就職活動を行ったことがない、もしくは行ったけど就職できなかった方が多いので、しっかりとサポートを受けながら就活する方が良いでしょう。その際は人材紹介会社(就職支援サービス)の利用がおすすめです。

求人サイト

次に求人サイトですが、基本的に自分で求人を探すタイプの媒体となります。

私も20代の頃に利用していましたが、中にはスカウトメールが届くタイプの求人サイトもあるんですよね。自身の経歴を登録することで、その経歴を見た企業側から、

「ウチで働いてみませんか?」
「面接を受けてみませんか?」
「合同企業説明会に参加しませんか?」

などの誘いが届くことがあるのです。社会人未経験だったり、経験が浅くても難易度の高い資格があればスカウトされることがありますし、長く利用できる媒体と言えますね。

私は就職後も求人サイトを利用していましたが、何度もスカウトメールが届きました。中には魅力的なオファーもありましたが、その時は転職を考えていなかったんですよね。しかしタイミングさえ合えばエントリーしていましたし、そのような楽しみも求人サイトにはありますよ。

既卒からの仕事探しで利用するには、未経験可の正社員求人が多いかどうか?で判断すると良いですね。多くの求人サイトはインターネットで求人案件を公開していますので、実際に調べて【既卒者歓迎】【未経験歓迎】がヒットすれば登録すると良いでしょう。

メリット・デメリットは?

以上、人材紹介会社と求人サイトに分けて見てきましたが、双方にメリット・デメリットがありますね。

人材紹介会社のメリットは、サポートを受けながら正社員求人を探せることです。今まで就活経験がなくても、スムーズに仕事探しができるのが最大のメリットと言えますね。

逆にデメリットは、自分のペースで仕事を探しづらいことです。一旦登録すれば面談日程を決める必要がありますし、実際に正社員求人を紹介されれば、面接日を決める必要があります。

「もう少しゆっくり就活を進めたい」と思っても、ペースを保ちづらい点はデメリットと言えるかもしれません。しかし裏を返せば、スムーズに就活が進みますので、正社員就職を急いでいる方にはメリットと言えるでしょう。

次に求人サイトのメリットは、人材紹介会社と反対に自分のペースを保ちやすいことです。まずは会員登録だけしてみる、良い求人があれば応募してみる、といったことも出来ますね。その分スムーズに就活が進まないことがありますし、その部分はデメリットと言えるでしょう。

双方でメリット&デメリットが異なりますので、まずは自分に合った媒体を選んで下さい。

しかし既卒者にまずオススメしたいのは人材紹介サービスです。その方がスムーズに就活が進みやすいですよ。

もちろん、どのような人材紹介会社でも良いわけではなく、公式サイト内に【既卒者対応】と記されているサービスを選んで下さいね。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス