既卒の就職はなぜ難しい?

中途採用の多くは経験者優遇になってしまう

既卒の就職は難しいと言われることがあります。では、なぜ難しいのでしょうか?

理由の一つに求人数の少なさがありますね。やはり大学や短大、大学院生の新卒求人と比較すれば、どうしても既卒の募集は少なくなります。と言うよりも、基本的に既卒者は中途採用になりますので、純粋に『既卒者限定の中途採用求人』が少ないのです。

そのため、通常の中途採用に応募することになりますが、そのような求人には社会経験豊富なベテラン転職組も含まれているんですよね。

中途採用の多くが経験者を対象にしているので、ベテラン転職組と競うことで、「既卒者はなかなか就職できない、どうしても不利になってしまう…」と考えられるのです。

そもそも、履歴書を送っても職務経歴が充実していないために書類審査で落とされるケースがありますし、そのような難しさが既卒者にはあります。それが既卒の就職が難しいと言われる理由の一つでしょう。

ただし既卒、第二新卒、フリーター向け求人を多数保有する就職支援サービスを利用することで、上記悩みが解決されることがありますよ。

今は様々な転職エージェント、就活支援サイトがありますし、中には既卒歓迎、フリーター歓迎の支援サービスもあるんですよね。そのようなサービスを利用すれば、あなたが希望する業界の案件をスムーズに紹介してもらえる可能性がアップします。

就職支援サービスで受けられるサポート

ハローワークや就職雑誌のような媒体でも、【既卒歓迎】の求人案件が見つかるケースがありますが、その場合は志望動機や自己PR全て、自分一人で考えなければなりません。

特に難しいのが「なぜ既卒になったのですか?」「なぜ今まで就職しなかったのですか?」という面接担当者の質問なんですよね。既卒自体は良いけれども、その理由が気になる、というのが面接担当官の本音ではないでしょうか。

私も以前、人事採用の仕事を行っていましたが、高校や大学を卒業しても職歴がない人材に関しては、その理由を積極的に聞いていました。

「就職なんて絶対にしたくなかった」
「働くのが嫌いなので就職しなかった」

といった理由を述べる志願者を採用する企業はまずありません。相手の立場で考えれば当然ですよね。もしあなたが創業した会社にやる気がなく、無気力な既卒者が面接に来ても…きっと採用しないはずです。

それとは反対に、既卒になった理由に説得力があり、採用後に情熱を持って仕事を行ってくれそうな人間なら…たとえ既卒者でも採用したいと考えることでしょう。

しかし自分で面接戦略を練るのは限界があります。他人のことは客観的に見れても、自分を客観視するのは難しいからです。そのため、既卒者を対象にしている就職支援サービスの利用が大切なんですよね。

そのような就活支援に登録すれば、履歴書作成のアドバイスや面接対策、既卒になった理由の伝え方もアドバイスしてもらえると思います。

当サイトでも、既卒歓迎の就職サイトを掲載予定なので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス