新卒より既卒者を積極採用する中小企業も

わざわざ既卒を採用する理由

新卒より既卒者を積極採用する中小企業もありますね。既卒採用を行っている大企業もありますが、中小企業の方が求人募集を見つけやすいと思います。

日本の会社の大多数が中小企業ですし、地元密着型の歴史ある会社もあれば、少人数でネット通販を行っている会社、新規創業して間もない中小企業など様々です。

今後業績が伸びて発展する中小企業に採用されれば、発展と共に昇進・昇給も考えられますし、細かく部署が分かれていない分、総合的なスキルが身に付くのも中小企業の特徴と言えるでしょう。

そんな中小企業の既卒採用ですが、第二新卒や新卒よりも歓迎されることがあるんですよね。

そもそも新卒採用を行っていない中小企業が多いですし、第二新卒は短い社会人経験がある分、逆に扱いづらい、育てづらい…と感じている企業もあります。

しかし既卒者には変な経験がない分、「会社に馴染んでもらいやすい」「スムーズに環境に溶け込んでもらえる」と期待する中小企業が多いのではないでしょうか。

転職希望のベテラン社会人と比較しても「既卒は年齢が若いので気軽に採用しやすい」というメリットがあるんですよね。40代、50代の転職希望者を採用する場合、社会経験が豊富な分…

「採用後にプライドが高すぎて扱いづらい」
「賃金も既卒や第二新卒より支払わなければならない」

というデメリットがあります。

中小企業は正社員、契約社員、準社員、アルバイト、パート、派遣含めても30名以下の会社が多いので、一人の中途採用により社内の雰囲気が悪化することも考えられるのです。

私も色々と経験しましたが、良い雰囲気が流れている会社でも、新規採用者の性格に問題があったり、仕事の怠慢などで一気に雰囲気が壊れることがあります。

しかし既卒者の採用なら、職歴がない分スムーズに仕事を覚えてもらえたり、新卒同様の若さと情熱があったり、他の会社の社風や文化を知らない分、積極的に仕事に取り組んでもらえる可能性が高いと思います。

その辺りはあなたのやる気、情熱、素直さにもよりますが、既卒採用に積極的な中小企業も確実にありますので、まずは就職支援サイトに無料登録してみて下さいね。

既卒者が新卒者に比べて優れている点とは?

上記では主にベテラン社会人と既卒を比較しましたが、「新卒よりも既卒の方が良い」と考えている中小企業ももちろんあります。その理由に以下がありますね。

まず忍耐強さですが、新卒よりも既卒の方が就活のハードルは上がります。会社員経験がない状態で中途採用の求人を探すわけですから、新卒よりも粘り強さがなければ就職は難しいでしょう。

その分、ハングリー精神を持って正社員の仕事を探すことになりますし、その過程で忍耐力が身に付くんですよね。

いわゆる『ゆとり世代』という言葉がありますが、既卒の就活に関しては、ゆとりとは真逆ではないでしょうか。そのようなハングリーさを評価する中小企業は、新卒よりも既卒の方が評価が高いんですよね。

次に幅広い経験ですが、新卒は卒業後すぐに就職なので、学生経験しかありません。しかし既卒の場合、夢を追いかけてアルバイトを続けたり、休日の過ごし方や交友関係に関しても、新卒とは違いがあるでしょう。

そのような幅広い経験が好印象に繋がるケースがありますし、忍耐強さと共に中小企業に評価されやすいですよ。

「卒業から今までの期間、どのように時間を過ごしたのか?」にもよりますが、まずはあなたの魅力がどこにあるのか、どのような自己PRや志望動機がベストなのかを就職支援サービスに相談して下さいね。

就職支援は無料で利用できますので、気軽に会員登録を行うと良いでしょう。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス

【DYM就職インタビュー】DYM就職がフリーター・ニートの就職に強い秘密とは?