自力では就職が決まらない!場合の求人紹介支援

就職支援サービスの力を借りる

自力では就職が決まらない場合、求人紹介支援を利用すると良いですね。

求人紹介支援も様々ですが、中にはフリーター、第二新卒、既卒に特化した支援サービスがありますよ。そのような無料サービスを利用することで、スムーズに就職を狙えるのではないでしょうか?

要するに、「自力で決まらない場合は他者の力を借りる」ということです。それを『他力』と言いかえても良いですね(本来の意味は阿弥陀如来の力を指すようですが)。

すでに自力で就職活動を行ったあなたなら、就活の大変さを良く理解していると思います。最初から求人紹介支援を利用する人間よりも、ありがたみを実感できるはずです。

まずは自分でチャレンジしたあなたですから、精神的に自立しているのではないでしょうか。何事もすぐ他者に依存している間は、どれだけ年齢を重ねても子供と言えます。

上手くいかない時に他者を頼るのは良いですが、まずは自分で動く方が学びも多いですよね。たとえ失敗しても、失敗という貴重な経験が得られますので、次は違う方法を試せますので。

エジソンの真似はできません

有名な話ですが、エジソンは白熱電球の実験に2万回失敗しても、「2万回の違うやり方を見つけただけ」と答えたそうです。

このエピソードにおけるもう1つのポイントは、『それだけ失敗しても情熱を燃やし続けられるかどうか?』です。

1回、2回の失敗ではなく、2万回ですからね。しかも最初から2万回実験すれば成功する、と決まっていたわけでもありません。普通の人間なら、あきらめるのではないでしょうか?

そして私たちは残念ながら…普通の人間です。5回、10回の失敗で情熱がなくなるケースが大半でしょう。

あなたのように、まずは自分で就活にチャレンジする方も少ないですが、

を繰り返せば、どうしても当初の情熱をなくすものです。

逆に言うと、それでも改善しながら継続できるのが成功者かもしれませんが、ごく一部の人間ではないでしょうか。少なくとも私には無理ですし、きっとあなたも同じだと思います。

そのような時に効果的なのが『他者の力=求人紹介支援』なんですよね。

素直に就職支援のアドバイスを聞きましょう

就活が上手くいかなくても、志望動機や自己PRを真剣に考えたでしょうし、履歴書作成にも慣れていると思います。面接にも場慣れしているかもしれません。

自分では無駄な経験に思えても、決してそのようなことはなく、就職の成功に繋がる貴重な経験ですよ。紹介支援で働くアドバイザーとしても、初めて就活を行う人間よりも、あなたの方がサポートしやすいはずです。

ただし謙虚な気持ちは大切にして下さいね。卑屈さは不要ですが、傲慢さも要りません。就職支援サービスのアドバイスに素直に耳を傾ける姿勢が大切です。

就職成功例が豊富なサービスなら、プロ目線であなたを分析してくれますし、あなたに合った正社員求人を紹介してもらえるでしょう。

たとえ社会人未経験でも、『仕事への情熱』『前向きな気持ち』があれば、短期間で採用される可能性も高いですよ。

当サイトでもおすすめの紹介支援を掲載していますので、ぜひ参考にして下さいね。自力で就職が決まらなかったあなただからこそ、『他者の力=求人紹介支援』を上手に利用できるはずですよ。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス

【DYM就職インタビュー】DYM就職がフリーター・ニートの就職に強い秘密とは?