フリーターが就職しやすいのは4月?10月?いつ頃?

求人数が多くなる時期

フリーターが就職しやすいのはいつ頃なのでしょうか?

その基準に『求人数』がありますね。正社員求人が増えれば増えるほど、一般的に就職しやすいはずです。全てがフリーター対象の求人でなくとも、募集が少ない時期よりも採用率はアップするでしょう。

具体的に求人が多い月として、良く言われるのは以下ですね。

1月~2月は転職市場が活発化します。冬のボーナスを貰って退職する人が多いため、年初に欠員募集が増えるという理由もありますし、新年に合わせて採用活動を行う企業が多いためです。

退職に伴う募集は経験者重視が多いですが、新年に合わせた新規募集の中には【フリーター可】の案件が含まれると思います。また、退職者が入社間もない社員なら、やはりフリーターまで枠を広げて募集するのではないでしょうか。

そのような時期に就職活動を行うのも、1つの方法ですね。

4月の正社員求人って?

次に4月ですが、高校、専門学校、短大、大学の新卒募集と重なる時期です。あなたが第二新卒、既卒としてフリーターを続けていれば、4月入社を狙える可能性がありますよ。

それ以外のケースでも、4月~5月に入社できると楽なんですよね。私も5月はじめに正社員採用されましたが、扱いが新卒入社と同じでした。当時23歳、社内で一番若かった、という理由もありますが、4月採用にはそのようなメリットもあります。

4月は全体的に正社員求人が増える時期なので、積極的に就活すると良いでしょう。

10月の正社員求人について

次に10月ですが、企業の下半期の始まりなので、正社員求人が増えるようですね。「区切りよく下半期から正社員を採用しよう」と考える会社が多いのではないでしょうか。

夏のボーナスを貰った社員が8月~9月に辞める、という理由もあるかもしれません。

いずれにしても、正社員求人を探しやすい時期ではありますので、10月はチャンスが多いと思われます。閑散期に仕事を探すよりも選択肢が増えますから、一社受けてダメなら次、それでもダメならまた次、と気持ちを切り替えられますね。

就職支援サービスを利用しましょう

それでも…30社、40社と履歴書を送っても面接まで進めない、面接を受けても全く手応えがなければ、戦略を見直す必要があります。

そもそもフリーターを歓迎しない企業に履歴書・職務経歴書を送っているのかもしれませんし、目指す業界が経験者重視という可能性もあります。

求人ページに【未経験歓迎】とあっても資格が必要だったり、独学でスキルを身に付けていることが前提のケースもありますね。

そのようなミスマッチを防ぐには、フリーター歓迎の正社員求人が豊富な就職支援サービスを利用して下さい。サポートを受けながら就活できるサービスもありますし、情報収集にも役立ちますよ。

就職支援サービスは無料で活用できますから、気軽に試してみると良いでしょう。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス