フリーター 就職エージェント

とにかく就職したいけど、ブラック企業は避けたい…

フリーターの初めての就職活動は大変です。

…と、分からないことだらけだと思います。

私も初めての正社員就職には苦労しました。どうしても就職する必要があったので、手当たり次第、目に付いた正社員求人に履歴書を送り、面接を受け続けました。「当たって砕けろ」の精神ですね。

ハローワークに通って備え付けのコンピューターで検索、自分でも出来そうな仕事の求人票を印刷、窓口に持って行って担当者からアドバイスを受け、担当者から求人先の会社に電話を掛けてもらい、帰宅後に履歴書を送っていました。その後、書類審査をクリアすれば面接に進み、合否が出るという流れです。

元々が玉砕覚悟の就活だったので、不採用が続いても「次こそは!」と強い気持ちで履歴書を送っていました。しかし就活には、必要な失敗と不要な失敗があります。何事も経験と言われますが、決してそのようなことはありません。

元々気持ちが強い人間なら、どんな失敗を経験しても立ち上がれますが…たとえば気持ちの優しい方が、会社選びに失敗してブラック企業に入ればどうなるでしょうか?精神的に追い込まれて自ら命を絶つ方もいますし、そうなっては遅いのです。

そう、私が最初に入社したのも完全なるブラック企業でした。早朝から深夜まで働かされ、残業代はもちろん、タイムカードさえありませんでした。

産業革命の頃のイギリスの工場では、1日16~18時間、労働者が働いていたそうです。工場から帰宅しても、ぎゅうぎゅう詰めの家の中で休まるヒマもなく、平均寿命は19歳だったと言われています。

「そんな時代と今は違うっしょ。イヤなら退職すればいいんじゃね?」

と思われるかもしれませんが、一旦ブラック企業に勤めると、「おまえは何をしてもダメなやつ」と言われ続けるため、自分の必要価値を感じられなくなります。どんどん自信が低下して、他の職場では働けない…と思い込んでしまうのです。

そのような体験(不要な失敗)は、出来る限り避けたいですよね。

しかしハローワークにはブラック会社の求人も混ざっています。国としてもブラックな求人を排除しようと動いていますが、完全に無くすことは厳しいのではないでしょうか。

就職エージェントで優良企業の求人を見つける

そこで就職エージェントです。民間の就職エージェントは利益を上げる必要があります。そして利益を上げるには、利用者の口コミ、評判が大切なんですよね。

ブラック企業ばかり紹介していれば…すぐに悪い評判が広がるのではないでしょうか?今はインターネットが発達していますし、TwitterやFacebookのようなSNSですぐ拡散しますよね。

民間の就職エージェントの中には、公式サイトに「優良企業のみ紹介します」と表記している所がありますし、企業の審査もきっちり行っていると思います。逆にハローワークは、雇用保険を掛けている企業なら大半が利用できますし、厳正な審査もないんですよね。

そのような比較を考えても、フリーター向け就職エージェントの利用がおすすめですよ。心からフリーターを歓迎している正社員求人を紹介してもらえる可能性が高いですし、無料で使えるのも大きなメリットではないでしょうか?(費用は企業側から徴収していますので)

もちろん就職エージェントを利用しても、すぐに正社員になれるとは限りません。しかしそのような苦労は『必要な失敗体験』ですし、すぐに社員になれないなら資格を目指したり、希望する業界でアルバイトや派遣で働いてみたり、その後に繋がっていくんですよね。

そのためにも、フリーターに強い就職エージェントを利用してみて下さい。求人が多い月、少ない月はありますが、1日も早く会員登録して相談すれば、その分、正社員就職の可能性はアップします。

自分が正社員としてバリバリ働く姿をイメージして、粘り強く、前向きに就活を続けて下さいね。今こそ正社員就活の第一歩を踏み出しましょう。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス

【DYM就職インタビュー】DYM就職がフリーター・ニートの就職に強い秘密とは?