正社員就職に有利な資格

就職のために資格を取得する

正社員就職に有利な資格に関するページです。

私は以前、資格スクールで相談員をしていましたが、「資格を取って就職したい」という方が多かったです。

資格・検定を積極的に評価する業界もありますし、国家資格をアピールして書類審査や面接に通るケースもありますよ。私自身、大学を中退して資格取得、その後に企業の面接を受けて中途採用されました。

大学中退なので最終学歴は高卒ですし、面接でも「なぜ中退したのですか?」と必ず突っ込まれましたが、それ以上に資格のアピール力が優っていたのでしょう。未経験にもかかわらず、簡単に正社員採用されたんですよね。

そのくらい(使いようによっては)アピールできるのが資格ですが、全く興味がないジャンルの資格を取っても意味がありません。と言うより、関心がない業界の資格試験は、勉強を続けること自体が苦痛なんですよね…。

そのため、最初に様々な資格試験の情報を集めて、その中で興味を持てる学習を始めるのがおすすめです。

正社員求人が多い資格、就職に有利な資格(法律系)

正社員求人が多い資格、就職に有利な資格(主に法律系)は以下ですね。

簿記検定はメジャーな試験ですね。1級から3級までありますが、まずは3級の取得を目指して下さい。履歴書に載せて効果的なのは2級以上でしょうか。企業の経理事務の面接でアピールできますよ。

総務部が経理の仕事を行っている中小企業も多いので、求人ページの仕事内容、役割を見て判断すると良いですね。

尚、経理や総務の仕事に関しては、男性より女性の方が採用されやすいようです。

次に宅建士ですが、不動産の売買や賃貸の仲介に不可欠な資格として知られています。不動産業界からのニーズが高く、5人に1人の割合で事務所に宅建士を置くことが義務づけられていますね。

正社員求人も豊富ですし、取得の難易度もそこまで高くありませんが、しっかり勉強する必要はあります。3ヵ月~6ヵ月、毎日勉強し続ければ合格圏内に入れる資格ではないでしょうか。

類似資格として貸金業務取扱主任者がありますが、そちらは消費者金融やクレジットカード会社など、ノンバンクの就職に有利な資格です。ただし営業所ごとに50人に1人の割合ですから、宅建士の方がニーズは高いと言えるでしょう。

次に社会保険労務士ですが、人事労務の就職に有利な資格ですね。私は資格スクールで社会保険労務士を担当していましたが、非常に人気が高い資格でした。

開業以外に勤務社労士という形態が認められているので、東京を中心に正社員求人が豊富なんですよね。地方都市の求人はそこまで多くありませんが、東京や千葉、横浜のような関東地方、大阪、京都、神戸のような関西エリアは就職しやすいですよ。

社会人未経験の30代でも正社員の可能性がある資格ですし、私自身、社労士資格をアピールして企業に就職できました。

最後に通関士ですが、貿易に関する国家資格ですね。通関書類の作成や通関手続きの代行を行います。

航空会社の貨物部門だけでなく、海外製品を扱うメーカーからのニーズもありますし、宅建士のように設置義務もありますので、効果的な資格ではないでしょうか。難易度もそこまで高くないですしね。

他にも正社員就職に有利な資格として、インテリアコーディネーター、TOEICなどがありますし、介護業界を目指すなら介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士も有利です。

また、難易度は高いですが、公認会計士や税理士、不動産鑑定士、弁理士、司法書士のような資格は一生役立ちますし、人生逆転に繋がる可能性が高いですね。

正社員就職を目指す場合は、資格の難易度と利用価値のバランスを考える必要がありますので、比較的簡単な資格から目指してみて下さい。そしてその資格を履歴書に載せて下さいね。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス