ブラック企業に就職しないために

ブラック企業で働いた体験談

ブラック企業の定義に「過重労働、違法労働により次々と退職に追い込む企業」があります。

どこからどこまでをブラック企業と判断するかは別としても、タイムカードがなかったり、サービス残業で労働時間を大幅にオーバーしたり、休日出勤を強制される企業はブラックと言えますね。

私自身、ブラック企業で働いたことがありますが、上記全てに当てはまっていました。

さらに付け加えるなら、社長が正社員やアルバイト、パートに向かって理不尽に怒鳴っていたり、社長の妻が自分の子供(赤ちゃん)を連れて出社していましたね。仕事中の私語がゼロの社内にもかかわらず、赤ちゃんの泣き声だけが響く…という異様な光景の中、始発から終電まで働いていました。

次から次へと社員が辞めていくので、「何か変だな?」と思ってはいましたが、「おまえの価値はゼロだ! 何も出来ないダメな奴だ!」と恫喝され続けたので、退職や転職について考えなかったんですよね。

無職で実家を出た後、最初に勤めた会社だったため、『他に働ける場所はない…』と思い込んでいました。

しかし仕事に身が入らず、いわゆる無気力社員として出社し続けた結果、最終的には「退職届を書いて出せ」と言われ、命じられるまま退職したという次第です。

以上が私が経験したブラック企業の実態ですが、選択を誤った最大の理由に以下があります。

最初に正社員として働いた会社なので、他の企業と比較できなかった。

その後、会計事務所へ転職したのですが、前職の労働環境を上司に話すと「そんな会社があるなんて信じられないわ」と言われましたね…。

今から振り返れば良い経験ですが、出来ればブラック企業は避けたいですよね。冗談ではなく、自殺に追い込まれることがありますし、うつ病を発症する方も多いと思います。

では、避けるにはどうすれば良いのでしょうか?

民間の就職支援サービスを利用する

ブラック企業を避けるには、民間の就職支援サービスを利用して下さい。

私はハローワークで仕事を探しましたが、ハローワークにはブラック企業の募集も含まれています。公共職業安定所と言っても、個々の求人の詳細まで把握しているわけではありません。企業としても求人票を出しやすいため、様々な職場の案件が集まっているのです。

求人数の多さは魅力ですが、詳細は分かりません。インターネットで調べても、中小企業の情報は乏しかったりしますしね。

そのため、優良企業の正社員求人を扱っていて、しっかりサポートしてもらえる『民間の就職支援サービス』を利用すると良いでしょう。

当サイトでも人気の就活サイト、支援サービスをご紹介しますので、ぜひ活用して下さいね。無料で利用できますし、フリーター、新卒、第二新卒を支援しているサービスもありますので。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス