バイト歴が長いと正社員になれない?

フリーターのまま30代、40代に突入すると…

バイト歴が長いと正社員になれないのでしょうか?

結論からお伝えすると、「アルバイト期間が長ければ長いほど就職には不利」と言えますね。バイト以外に正社員経験があれば別ですが、フリーターのまま30代後半~40代になれば、就職は厳しいと思われます。

逆に言うと20代のうちは、まだまだ正社員になるチャンスがありますよ。

採用されやすいのは20代前半かもしれませんが、20代後半をサポートしている就職支援もあるので、まずはそのようなサービスを利用すると良いですね。無料で使えますし、会員登録するタイミングによっては、早期に求人紹介を受けられる可能性があります。

それでも、四捨五入すると30歳になる年齢(25歳、26歳、27歳、28歳、29歳)は、同じく四捨五入で二十歳の年齢(20歳、21歳、22歳、23歳、24歳)と比較して急ぐ必要があるでしょう。

「25歳以降は1年1年が勝負」という意識を持つと良いですね。あなたが考えるよりも、時間は素早く過ぎていきますから。

将来、後悔しないために就活しましょう

30代、40代、50代のフリーターも、「気付けば今の年齢になっていた…」と感じているはずです。

時間は大切にしても一瞬で流れますが、ダラダラ過ごしても、同じように流れます。それでも時間を大切に行動した人間は、

「気付けば結果が出ていた」
「振り返れば実績が生まれていた」

と実感するのではないでしょうか。

逆に、バイト生活を続けて40代、50代へ突入した人間は、

「あのとき就活していれば…」
「もう若くないから正社員は厳しい」

と後悔が生じているかもしれません。

あなたの年齢は分かりませんが、20代前半なら、「自分が20代後半になった時のシチュエーション」を思い浮かべて下さい。20代後半なら30代後半、30代前半なら40代前半と比べると良いですね。

そうすれば、就活のモチベーションがアップしませんか?危機感がエネルギーに変わることもありますよ。

アルバイト歴が長い場合の就職活動

冒頭でお話ししたように、正社員経験があれば話は別です。バイト歴が長くても、それ以前に正社員として3年~5年勤務していれば、スムーズに仕事を見つけやすいですね。新卒で就職して短期間で退職し、現在は『第二新卒』でも、『アルバイトのみの経歴』よりは有利です。

それでもフリーター期間が長ければ、履歴書・職務経歴書を送っても書類審査で落ちたり、面接まで進んでも、「なぜアルバイトが長いのですか?」という厳しい質問を浴びせられ、結果的に不採用になるケースもあります。

対策としては、質問に対する回答をあらかじめ用意したり、サポート型の就職支援サービスを利用して、アドバイザーと一緒に志望動機や面接対策を考えて下さい。

アルバイト以外に経験がない方も同じです。「なぜフリーター期間が長いのか?」に対する説得力ある回答を用意できなければ、採用は厳しいかもしれません。

もしくは最初から、バイト歴が長くても可の正社員求人に絞って就活して下さい。そのような求人募集を自分で見分けることは難しいので、民間の就職支援を利用すると良いですよ。「アルバイト経験が長いフリーターに働いてもらいたい」と考えている優良企業もありますからね。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス