やりたい仕事がない!時のフリーターの仕事探し

やりたい仕事がない!でも正社員就職はしたい!時のフリーターの仕事探し

「やりたい仕事が無い!けれどそろそろ正社員として就職したい・・・」

正社員就職したいと考えるきっかけは色々あると思います。

当サイトから最もご登録が多い就職支援【DYM就職】

DYM就職

当サイトから最もご登録をして頂いている就職支援が、DYM就職です。
20代向け既卒・フリーター・大学中退・第二新卒の就職・転職支援を行っています。

書類選考なしで面接を受ける事が出来ます。「20代後半で職歴無し。就職は無理かも・・・」悩んでいる方も就職相談をしてみてはいかがでしょうか。
手厚いサポートで相談からの就職成功率が高い就職支援サービスです。

DYM就職 公式ページはこちら

ボーナスがある正社員が良いな、と思ったなど、将来的な不安などもあり、金銭面がきっかけで正社員として就職したいと考えるフリーターの方は多いです。

結婚に向けてご両親から了解を得るために正社員就職を目指そうと考えた、という方も実際多いですよね。

また次第に年を取っていく現実に気付き、年長フリーターとして今の職場でアルバイトのまま活躍していてはダメだ、と思い始めた、など。フリーターから正社員になろうと考えるきっかけは本当に様々です。

ただ、「正社員を目指して就職活動をスタートしようと思う。でも肝心の、やりたい仕事が特に無くて・・・」といったフリーターの方も実は多いのではないでしょうか。

そういったフリーターの方でも、正社員として働きたい、興味のある、やり甲斐のある仕事を見つけたい、といった気持ちをしっかりと持って仕事探しをされることで、正社員就職に成功している方はとても多いです。

実際、やりたい仕事が最初から分かっている人は少ないです。みんな、色々な経験を積んで段々と分かってくるといった方が多いですね。

どうしてもその「やりたい仕事」をしたい、という気持ちが強い方の場合、それが転職に繋がったりする訳です。最初の就職でやりたい仕事にいきなり就けて、天職です!という方は少ないといえます。

今から正社員就職を目指すという方は、まずは自分がどんな仕事に向いているか、興味を持って働けそうか、と言ったことを探ってみましょう。

やりたい仕事が無い、分からない時のフリーターの仕事探し、就職活動はどのように進めたら良いか、ヒントをご紹介しています。

今までの経験から楽しかったことを考えてみる

一人ひとり、仕事への適性があります。向き、不向きですよね。向かない仕事に就いてしまうと、多くの場合ストレスが溜まってしまい早期退職に繋がりかねません。

「自分では合わないと思っていても、向いている仕事」もありますから、判断が難しい事ではありますが、本当に自分が向いていない仕事もあります。

自己分析も兼ねて、今までの経験、アルバイト経験などもあれば含めて楽しかったこと、やり甲斐を感じた瞬間などを考えてみる方法があります。

その中から「人の役に立つ仕事がしたい」と新たに看護師を目指された方もいますし、人に会うのが好き、ということで営業職を目指された方もいらっしゃいます。

人にものを教えたり説明するのが好きだった、昔は教師を目指していたという場合は、スクール講師なんかも向いていると思います。

興味のある仕事のアルバイトをしてみる

フリーターという立場を活かして、興味を持った仕事を経験してみる、という方法もあります。まずは体験、経験してみるという事ですね。

幸いバイトなら採用のハードルが低いので、どんな仕事でもチャレンジしやすいのではないでしょうか。正社員なら未経験不可のところも、アルバイトなら未経験OKで採用してくれるケースは多いです。

それにバイトなら正社員よりも辞めやすいというのもポイントです。正社員なら2~3ヶ月で辞めるのを繰り返せば職歴が大変なことになりますが、バイトならその心配は無用です。

もちろんバイトも長期勤務希望のところですぐ辞めるのは迷惑が掛かりますが、その場合は短期バイトを選ぶのもいいですね。3ヶ月のみ・1ヶ月のみといった短期バイトから、1日~1週間程度の単発バイトもあります。

ですから事務職、カフェ店員、アパレル販売など、気になる仕事はどんどんチャレンジしてみるといいと思います。もしかすると試食販売のバイトを通じて営業職に興味が湧いたなど、思わぬ収穫がある場合もありますよ。

またアシスタント系なら専門性の高い仕事にも挑戦できます。見習いのポジションなので給料は安いし仕事も大変ですが、興味のある分野ならチャレンジしてみるのもいいですね。サイト制作アシスタント、カメラアシスタントなど色々あります。

そしてバイトの中には、アルバイトから正社員登用されるケースもあります。ただの適職探しのつもりが、上手くいけば就職先まで見つかるかもしれませんよ。

幅広く職種について調べてみる方法

どんな仕事に興味が持てるか、とはいってもどんな仕事があるかを知らなければ探しようがありません。まずは様々な仕事、職種について情報収集する事も大切です。

その仕事がどんな業務を行うのか、お仕事図鑑も今では何種類も出ていますよね。ネットでも様々な方の仕事への取材記事を見つける事が出来ます。

そうした記事を読み、「どんな業務を行い、どんな部分にやり甲斐を感じているか」を参考にしてみても良いですね。今まで興味が無いと思っていた仕事も面白そう、と感じられるかも知れません。

給与、待遇、将来性から探す

働く上で給与や待遇、福利厚生といった部分も大切です。働くからにはやっぱりお金は大切ですからね。

ただ、いくら給料が良くても毎日深夜まで残業、休日も月に3回くらいしかないなら続けるのは難しくなりますよね。また仕事内容がどうしても好きになれない場合もすぐ辞めたくなってしまうかもしれません。

要はバランスが大切になってくるのですが、そうした面を重視して仕事選びをする方法もアリです。

また、業界の将来性も重要ですね。斜陽産業、といわれる業界に就職した場合、「給料が上がりにくいこと」、そして「将来的に倒産の可能性が他と比べて高い」といった問題があります。

給料を高めるには利益が必要ですが、伸びている業界と比べて利益率も低い場合が多いですし、商材が売れなくて苦労するケースも多いです。これから再び需要が高まり伸びる業界になる可能性ありますが、なかなか難しい場合が多いです。

それがどうしてもやりたい仕事!と決めたのであれば正社員就職を目指すのもありかもしれませんが、そうでは無い場合には、出来れば今後の成長が見込める業界を目指す方が良いかと思います。

適職診断、コンサルティングを受けてみる

今多いのが、就職・転職支援サービスを活用しての適職診断、コンサルティングなどです。無料で利用する事が出来るのがポイントです。

多くの20代フリーター、第二新卒、既卒の方の就職支援をしてきたコンサルタントが担当として付いてくれて、就活をサポートしてくれるなどが多いパターンですね。提供されるサービス内容は、就職支援サービスによって異なりますので、自分に合ったサービスを選ぶ必要はあります。

適職診断やコンサルティングを受けた後に、求人紹介を受ける事も可能ですから、正社員就職出来る可能性も非常に高い就職活動の方法としてもオススメです。

こうした就職、転職支援サービスを利用する場合、求人サイトに掲載されているよりも詳しく、企業の情報を得ることが出来ます。それこそ、「こんな人が社風に合うので歓迎される」といった情報も得られる場合が多いです。

あなたにはこの会社が合うと思います、とマッチングしてくれるケースも多いので正社員就職を目指す方法として、今、活用される方もとても増えていますね。

20代 社会人未経験、フリーター向け就職サイト

でご紹介していますので、興味のある方は活用されてみてはと思います。

プライベート重視で仕事を選んでみる

自分のやりたい仕事が分からないという方は、上記でご紹介したような適職診断を受けたりして自分に合う仕事を探してみるのがいいですし、興味のある仕事が無い・やりたい仕事が無いという方は色々なバイトをして色々な経験を積みながら模索してみるのがいいと思います。

ただ、それでも「心からこの仕事が好き!」「天職としか思えない!」というほど自分のやりたい仕事に巡り合える人というのは実はそんなにいません。

せいぜい「色々と不満はあるけど、やりがいもあるし結構楽しいかな」「今までしてきた仕事の中では一番好き」というレベルではないでしょうか。

そして世の中の大半の人は、「そんなに好きな仕事じゃないけど頑張って働いている」というのが実情ではないでしょうか。

本来なら自分のやりたい仕事に就くのが理想ですが、現実には思い通りにいかないことも多いです。自分のやりたい仕事なんて無いと思いながら何年も正社員で働いている人もいるし、本当はやりたい仕事があるんだけど様々な事情から諦めざるを得ないという人もいます。

例えば40歳になってから「自分は医者の仕事がしたいんだ!」と気付いたところで、今から大学に行って医者を目指すには現実的に色々難しいですよね。

つまりやりたい事が見つかったところで、必ずしもその希望が叶うとは限らないという事です。

もちろん現在20代のフリーターなら努力次第で希望通りの職に就けるチャンスもあるので、今やりたいことが分からないのであれば色々考えてみることは大切だと思います。

ただ、あまりやりたい事にこだわり過ぎるといつまでも就職できず、結局フリーターから抜け出せなくなってしまうかもしれません。

それであれば、「本当にやりたい仕事」ではなくても「絶対やりたくない仕事ではない仕事」を選んで、いっそのことプライベートに重きを置いてみてはいかがでしょうか。

給料がそれなりにもらえて残業ほぼ無し・週休二日で働ける仕事なら結構あります。そうした職場で働けば仕事の後に習い事をしたり、休みの日に目いっぱい遊んだり旅行に行ったりとプライベートを充実させられますよね。

やりがいのある仕事って仕事自体は楽しくても、実は残業が多かったり休みが少なかったりすることも多いんです。好きなことだから苦にならないという人が多いのでそこまで問題視されませんが、これだとプライベートの時間はあまり取れません。

それなら最初から割り切って「プライベートを大切にできる仕事」という観点で職探しをしてみるのもいいと思いますよ。

やりたい仕事が無いし…と言いながらダラダラとフリーターを続けていては、あっという間に30代になってしまいます。就職しやすい20代のうちに何とか定職に就けるように頑張ってくださいね。

やりたい仕事が無い!からフリーターを続けるのはリスク大!

フリーターから正社員就職をしない人の理由として、

特にやりたい仕事が無いから

という理由があります。

20代前後、前半くらいの年の頃は就職しない事に対して、それほど「こわい」と感じる人は少ないと思います。

別にフリーターでもまだ大丈夫」という事で、プライベートを重視できるアルバイトであったり、時給の高さでアルバイトを選んだり。

他になりたい職業があるから。
と特に作品を作ったりもしていないのにデザイナーやクリエイターになりたいからフリーターをしている、といった人も実はいるのかもしれません。

全く興味の無い会社員になるよりは、まだフリーターをしている方がマシ、という考えの方もいるかもしれません。

そのうち、やりたい仕事が見つかると思う

しかし、いつまでもフリーターでいるわけにはいきません。

なんとなくフリーターを続けていたとしても、20代後半になると意識せざるを得ないのが年齢です。

26歳、27歳、28歳、29歳と、30歳が近づくにつれて、

就職しなくてはマズイ

という気持ちが強くなる方はとても多いようです。

大学時代の友人の数名が20代半ばにフリーター、ニートといった事でまだ正社員就職をしていなかったのですが、1人は慌てて就活を始め、地元の中小企業へ就職。
ギリギリ滑り込み、といった形で正社員になることが出来ました。

ニートの友人は、長く何かを続けるといった経験がほとんど無く、就活も最初の1社落ちた段階で辞めてしまったようです。

フリーターの友人は、長く同じ職場でアルバイトを頑張っていましたので、厳しい就活も続いたのかも知れません。

現実的に考えると、やりたい仕事が無くても多くの人は就職して、収入を得て、生活を送っています。
働いている間に少しずつ、仕事の面白さ・やり甲斐を見つけている人が多いと言えるのではないでしょうか。

どうしてもやり甲斐が見つけられない、といった場合には、20代の間に異業種転職を目指したりといった事も正社員としてのキャリアがあればしやすいですよね。

現実的に就職の可能性で考えると、30歳を超えて職歴なし・社会人未経験だと、正社員就職することは非常に難しくなります。

やりたい仕事がない

と言っていた状況が、

就職できる仕事が無い

に変わってしまいます。

30歳を超えて派遣、契約社員、アルバイト。
そうした生活が現実となるのは避けたい、という方は多いのではないでしょうか。

20代の間であれば、まだ職歴なし・社会人未経験であっても求人を見つける事がしやすい年代です。
若い時に就職していれば・・・」と言う30代にならないように、正社員就職のチャンスが多く得られる20代の間に、少しでも自分に向いている仕事や、経験を積める仕事への就職をお考えになってみてはいかがでしょうか。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス