フリーターから正社員就職、土日休み(週休2日)が条件

土日休み、正社員求人を探したい

フリーターから正社員就職を目指す際の希望条件として、

「土日、祝日休み、長期休暇あり、年末年始も休みなど、休みがしっかり取れる会社」

せめて土日休み(週休2日)を条件として探したい、という方もいると思います。

フリーターとしてガッツリ働いてきた人の場合、週6日アルバイト、シフトもバラバラで連続10日勤務とか、普通にあるという人もいるのではと思います。
(私はお金が欲しい月は、そうしたシフトでアルバイトしてました)

でも、正社員として働くのなら土日祝日はしっかり休みたい、ゴールデンウィークやお盆、年末年始はしっかり長期休暇が欲しい。正社員になってまで、今まで(フリーター)と同じような不規則な働き方はしたくない!

という方の場合には、就職先選びをしっかり考える必要があります。

今までの経験が活かせる仕事は内定ももらいやすいのは確かです。

例えば、アパレルショップで販売のアルバイトをずっとしていたので、アパレル業界への就職は目指しやすいなどはあります。飲食店でずっとアルバイトをしていたので、フード業界には就職しやすい、といったことですね。

しかし、ご存じのようにアパレルショップ店員の仕事も、フード業界(店舗)の仕事もどちらも土日祝日も仕事があるのが普通です。シフトで土日祝日がいずれか休みになる事はあるでしょうけれど、常に休みではありません。

そうした事では無く、土日祝日がいつもしっかり休める仕事に就きたいのであれば、職種を選ぶ必要があります。

フリーターからホワイトカラー職への就職を目指す

様々な仕事がありますが、小売り、飲食、運送、サービスなどゴールデンウィークやお盆、年末年始などに休みが取りにくい仕事をしている人も多いですよね。

そうした働き方ではなく、土日祝日が休めて長期休暇もある、そうした働き方を希望するのであれば目指すはホワイトカラー職です。

ホワイトカラーとは「白地のワイシャツにネクタイ、スーツを着て仕事をする人々」という言葉が元とされ、事務職として働く人々のことを指す場合が多いです。

対して、ブルーカラーとは作業着(青地系の服)を着て、工場など生産の場で働く人々を指す言葉となります。

厳密に考えていくとホワイトカラーでも土日も休日出勤、残業問題などもあるのですが世の多くのホワイトカラーのビジネスマンは土日祝日はしっかり休めています。

これから就く仕事、就職する会社によって年間休日は変わってきますからね。

仕事内容も重要ですが、そうした休日面も含めて働きやすさを考えたい場合には、求人に興味を持った企業の情報をしっかり得る事が大切です。

土日祝日に休みが取れる生活

フリーターから正社員となり、いずれは結婚、子供が生まれて家族が増える、といった将来になる方も多いと思います。

土日祝日にしっかり休める良い面は、

「学校行事に参加しやすい」

ということ。

子供達、保育園、幼稚園、小学校の行事は基本的には多くの親御さんが参加出来る土日に開催されます。平日の行事もありますが、運動会、学習発表会などは土日が多いです。

特に土曜日が多いですね。延期で翌日、日曜日を開催日にあてる学校が多いのではないでしょうか。

土日に休みがとれない仕事の場合、「一度も参加したことが無くて・・・子供に申し訳ない」といった話も聞きます。

また土日祝日は仕事、といった生活をしていると家族と時間が合いません。平日に休み、家で一人・・・といった事になってしまいます。

これって、家族みんなのストレスが溜まりやすいんですよね。将来の話かもしれませんが、休日は家族に大きな影響を与えることになります。

フリーターから正社員就職を目指す際に、そこまで先の事を考える方も少ないかもしれませんが、休日は家族にとってとても大切です。

フリーターから正社員になるには

職歴なし・社会人経験なしフリーターから、こうした土日祝日は休み、ゴールデンウィークやお盆、年末年始も休みが取れる仕事に就くチャンスは、実はたくさんあります。

とはいえ年齢が重要なポイントです。今、20代であればこうした働き方ができる仕事は多く探す事が出来ます。

リクナビNEXT

など知名度の高い求人サイトを利用しても意外と見つかりますよ。

「土日休み × 事務職 × 社会人未経験」

などで探す事も可能です。

管理系事務、人材コーディネーター、法人向けコンサルティング営業、ヘルプデスクなど様々な職種で土日休みの求人が見つかります。

リクナビNEXTは「社会人未経験」でも探しやすいので便利ですね。

ただし、職歴なし・社会人経験なしフリーターが正社員就職を目指す場合、リクナビNEXTのような直接応募タイプの場合には、なかなか内定獲得ができない可能性があります。

内定率の高さで選ぶなら、フリーター向け就職支援サイトがオススメ

フリーターは自力での就職活動の場合、就活期間が長期化しやすい方が多いです。

書類選考で落ちたり、面接がどうしても突破出来なかったり・・・不採用の理由も色々ですが、問題は不採用の理由を確認出来ないため、という事はありますね。自分で直すべきところを見つけにくいんですよね。

そのため、次の求人応募でも同じ失敗(企業研究不足、アピール不足)などを繰り返してしまい、不採用が続く・・・

面接対策も一人では限界があります。フリーターに特化した就職支援サイトを利用する事で、そうした部分を補うことができます。

例えば、当サイト経由で最も利用されている就職支援サイトは、

DYM就職

です。

DYM就職

DYM就職は20代の若年層向けに第二新卒・既卒・フリーターの就職・転職支援を行っているサービスなので、20代後半でも利用できます。

しっかりと面談、カウンセリングを通して仕事への希望をヒアリング。

その上で、適性や興味の持てる仕事を、未経験者を採用して育てようという企業から探し、求人紹介をしてくれます。

書類選考無しですし、面接対策も応募先の企業に合わせてしっかりサポートしてもらえます。

そのため、内定率も高くなります。

一部、大手企業、ベンチャー企業などからの求人もあります。

20代フリーターの就職支援に多くの実績がありますので就職相談にオススメです。

DYM就職 公式ページはこちら

また、他には20代フリーター向け就職支援サイトとして、

なども多くの方に利用されています。

ハタラクティブは大手企業からの未経験求人が多いですね。他の就職支援サービスよりも、多くの業界・職種の求人があるのが特徴です。

関東・関西で正社員就職を希望するフリーターの方にオススメです。

ジェイックは無料の就職支援講座とその後に参加出来る優良企業約20社との面接会が特徴と言えます。

ジェイックは東京、横浜、大阪、名古屋、福岡など拠点も多く、それ以外の地方都市でも期間限定で就職支援が利用できますね。

札幌、仙台、新潟、石川、神戸、広島、熊本といった地域でも期間限定で申し込みができる時期もありますので、最新の情報を公式サイトでご確認になってみてください。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス