30代 フリーター就活サイト

30代フリーターに対応した就活サイトはある?

30代、フリーター就活サイトの情報です。

フリーターを対象にした就活サイトはありますが、30代向けは少ないかもしれません。就活サイトの公式ページに【20代のフリーター】という文字があれば、30代の利用は厳しいと思われます。

また、就活サイト内に『就職成功者の感想』が掲載されていれば、年齢に注目して下さい。22歳、23歳、25歳など、20代の感想のみで30代が全く載っていなければ、やはり利用は難しいのではないでしょうか。

ただし、そのような就活サイトでも、30代が活用できる可能性はありますので、まずは問い合わせてみると良いですね。特に30歳、31歳、32歳のような年齢なら、フリーターのみの職歴でも「まだまだ中途採用したい」と考える企業があるかもしれません。

夢を叶えるためにバイト生活を続けていたり、司法書士、公認会計士、税理士のような難関資格にチャレンジするためフリーターを続けていれば、前向きな志望動機も作りやすいと思います。

私も最初の就活では、「行政書士と社会保険労務士を取得するため、大学を中退しました」と面接で伝えていたんですよね。中退後は無職でしたが、それでも地元の中小企業に採用されましたし、「国家資格に挑戦していた」という理由はポジティブな印象を与えやすいようです。

あなたを面接する企業は「なぜ30代でフリーターなのか?」という疑問を抱きますので、「説得力ある回答を用意できるかどうか?」がポイントになるでしょう。

30代向けの就活サイトの探し方

では、ここから30代向けの就活サイトの探し方をお話ししますね。

先ほどお伝えしたように、公式ページ内に【20代フリーター】などの文字があれば、メインターゲットは20代と予測できます。それでも『ダメ元で無料登録してみる』という行動は大切ですが、過度な期待は抱かない方が良いでしょう。特に35歳、36歳、37歳、38歳、39歳という年齢でしたら、『会員登録しても就職が難しい』と判断されるかもしれません。

ただし、今までに正社員経験があれば別ですね。フリーターの前に(たとえ短期間でも)正社員や契約社員で働いたことがあり、同じ業界を目指すなら、ある程度は就職に有利ではないでしょうか。

その場合はフリーターが対象の就活サイトだけでなく、

の利用も検討して下さい。

同時にハローワークにも登録すると良いですね。ハローワークは若年者よりも、就職が困難な中高齢者にやさしい公共機関です。それは失業手当の給付日数を見ても分かりますね。年齢を重ねれば重ねるほど、失業手当を貰える日数が増えますので。

それと仕事探しは別ではありますが、ハローワークの利用者層を見ても、20代より30代、30代より40代の方が多い印象を受けます。

正社員の求人数を比較しても、民間の就活サイトより圧倒的に多いですし、中には好条件・高給与の正社員求人もありますよ。窓口で担当者に相談もできますし、30代フリーターから正社員を目指すなら、ハローワークのような公共機関も上手に利用して下さい。

それはアルバイト以外に職歴がない方も同様ですね。「今までバイト生活を続けてきたけど、30歳になって現実が見えた」という方も多いのではないでしょうか。

前向きな気持ちで就活しましょう

夢が叶わなかったり、恋人との結婚を意識したり、子供が産まれたり、親の介護でお金が必要だったり…色々な事情があると思います。いずれにしても大切なのは『前向きな気持ち』ですね。

企業も採用活動に真剣ですから、後ろ向きなオーラ、暗い表情の30代を雇う余裕はないでしょう。特にアルバイト経験のみの30代フリーターは、20代より厳しく見られますし、「短期間で即戦力になる人材かどうか?」をチェックされるかもしれません。

前向きな志望動機・自己PRはもちろん、『30代までフリーターを続けた説得力ある理由』を用意した上で、幅広く正社員求人を探して下さいね。そのためにも、

上記に登録して、粘り強く就職活動を行って下さい。

あとは、親戚や友人のコネがあれば、お願いしてみるのも良いですね。「コネを辿って就職できた」という話しを良く聞きますし、就活サイトやハローワークで探すよりも、成功率は高いのではないでしょうか。

幅広い情報収集を心がけて、「少しでも就職の可能性があれば積極的に動いてみる」という姿勢を重視して下さい。行動しなければ就職の可能性はゼロですが、行動すれば何かが変わります。

不採用が続いても「なぜ不採用になったのだろう」と検証できますし、トライ&エラーでどんどん突き進めば、少しずつ正社員が見えてきますよ。

ぜひ、あきらめずに行動して下さいね。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス