何月入社を目指す就活が採用されやすい?とかあるの?

就職が決まりやすい時期について

「何月入社を目指す就活が採用されやすい?とかあるの?」と思っているフリーターのあなたへ。

就活の最終ゴールは『就職』ですから、少しでも採用されやすい時期を知りたいですよね。

「いつ求人が出るか分からないから、採用されやすい時期はない」という意見もあれば、「1月、4月、10月は比較的採用されやすい」という意見も見られます。

どの見解が正しいか、もしくは正しくないかは断定できません。その理由として、あなたが目指す業界、職種、就職希望エリアによっても変わるからです。

さらに景気や有効求人倍率によっても変わるでしょう。そのため「何月入社を目指せば良いの?」に対する唯一の答えはありませんが、比較的採用されやすいのは、

  1. .新しい年の1月~2月
  2. 新年度のはじまりの4月
  3. 下半期がはじまる10月

かなと思われます。

特に1月~2月は全体的に求人数がアップしやすいですね。

1月~2月は正社員求人が増えやすい

1月~2月は新しい年という理由もありますが、12月に冬のボーナスが支給される企業なら、『ボーナスを貰ってから退職しよう』と考える社員が多いのです。

ボーナス・賞与はそれまでの仕事が評価されて支給されますし、「年度末に合わせて退職しよう、新年から新たな職場で働こう」とタイミング良く辞める社員もいるんですよね。

会社側としても欠員募集を行うのが基本ですし、余剰人材でない限り、そして、よほどの業績悪化していない限り、大企業、中小企業問わず、採用活動を行うと思われます。人材に余裕がある会社なら、「今回はフリーターを募集しよう」という方針を打ち出すことがありますよ。

中には、「経験者歓迎だがフリーターも募集してみよう」と考える会社もありますが、いずれにしても求人を探しやすい時期とは言えるでしょう。

ただし即戦力重視の業界は、『欠員募集の大半が業界経験者』というケースもあるんですよね。

また、同じ業界でも職種によって基準が変わることがあります。たとえば営業職は未経験OKでも、事務職・デスクワークは経験重視かもしれません。

そのような情報はフリーターの就職を支援している民間サービスに詳しいので、気軽に相談されてみて下さい。

4月に入社するメリット

新年度のはじまり、4月は新卒の入社時期と重なりますね。一気に求人数が増えるとは限りませんが、4月に合わせて入社できればメリットは大きいです。

あなたが20代前半なら、新入社員と同じ研修を受けられる可能性がありますよ。

私もはじめての就職(未経験からの中途採用)が4月でしたが、新人扱いで仕事を教えてもらえました。その会社は新卒採用を行っていない中小企業だったため、その時期に入社したのは私一人でしたが、「4月だから若い人を採用しようと思った」と入社後に言われましたからね。

そのように新年度がはじまる4月に合わせて、フリーター歓迎の正社員求人が見つかることもあります。4月から働くには3月中の就職がベストですが、3月中に決まっていなくても、引き続き求人を探して下さいね。

あくまでも「4月採用は新人に有利かも」というだけですから、3月が終わって就活のモチベーションが低下する必要はありません。

就活のモチベーションが下がると、履歴書作成の手を抜いてしまいますし、そうなればもっと採用が厳しくなります。企業の人事担当者はプロですから、やる気のない履歴書をすぐ見抜くんですよね。

常に高いモチベーションを維持するには、就職支援のプロからサポートを受けて下さい。それが前述した民間の支援サービスですね。

当サイトでも紹介していますが、『20代のフリーター、第二新卒、既卒』が対象の就職支援サービスを活用することで、就活への意欲を保ちやすいですよ。自分ひとりで求人を探しても分からないことが多いので。

下半期がはじまる10月ってどう?

最後に『下半期がはじまる10月』ですが、1月~4月と比べて即戦力重視の求人が多いかもしれません。

新年度なら「タイミングが良いから新人育成しよう」と考える会社もありますが、下半期に関しては「これから後半戦」という意識が強いため、即戦力で事業展開を行ったり、欠員を埋めることが多い、と言われていますね。

それでも職種や業種によっては、他の月より求人案件を見つけやすいのではないでしょうか。全体的に正社員求人が増えれば、その分「フリーターから社員になりやすい」と言えますし、力を入れて就活しても良いでしょう。

他にも、夏のボーナス後の8月に(冬のボーナスと同じ理由で)、求人が増えることがあります。ただし参考程度の情報として留めて下さいね。

フリーターの就活で大切なのは、時期よりも今すぐ行動することです。「時は金なり」と言いますが、まさに就職活動にマッチした言葉ではないでしょうか。

好条件の求人が気になっても、次の瞬間には定員に達しているかもしれません。高給与の募集を見つけても、すぐに募集が打ち切られるかもしれません。人気が高ければ高いほど、早期に定員に達する可能性がありますし、逃さないためにはアクティブに行動することです。

就活を先延ばしにすると、気付けば30代になり、未経験からの就職が一気に厳しくなるケースがありますよ。20代後半の方は特に、本気で就活して下さいね。

そのため、「何月入社を目指す就活が採用されやすい?とかあるの?」に対しては、

「今が1月、2月、4月、8月、10月なら求人紹介を受けやすい可能性はありますが、季節を問わず就活を行って下さい」

とお答えします。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス

【DYM就職インタビュー】DYM就職がフリーター・ニートの就職に強い秘密とは?