20代男性の仕事探し

転職慣れしていない20代前半の仕事探し

20代男性の仕事探しですが、20代前半、20代後半によっても変わりますね。

正社員歴なしのフリーターでも、20代前半なら採用されやすいと思います。即戦力にならない未経験でもいいから若手の人材が欲しいという企業は多いですからね。

その際は、しっかりとサポートを受けられる就職支援サービスを利用して下さい。

ハローワークや転職求人誌を利用して仕事を探す方法もありますが、あまりオススメできません。少なくともメイン媒体にするのは避けた方が無難でしょう。その理由として、

「正社員の仕事探しに慣れていないから」

ということがあります。

もし何度も転職歴があり、世の中の仕組みや組織の成り立ちを理解していれば、ハローワークメインでも大丈夫です。しかし20代で初めての就職活動は…分からないことばかりではないでしょうか?

私も23歳で初めて就活しましたが、何をどうすれば良いか、全く分かりませんでした。何となくハローワークで仕事を探そう、何となく見つかった求人に履歴書を送ってみよう…そのくらいのライトな感覚だったんですよね。

結果的に資格を活かして採用されましたが、求人探しの段階でミスが多かったため、客観的にまともな会社ではありませんでした。

いわゆる完全なブラック企業に就職したわけですが、ハローワークにはそのような会社の正社員求人が含まれています(最近は健全化に力を入れているようですが…)。

そのため、民間の就職支援サービス・人材紹介会社を利用する方が、就職前と就職後のミスマッチを防ぎやすいですよ。

20代の就職が不安でも、サポート万全の支援サービスなら担当者に悩みを相談できますし、あなたの希望を踏まえて求人を探してもらえます。面談日に求人紹介を受けられることもあるようですし、スムーズに面接まで進む可能性が高いですね。

就職支援サービスについて詳しく見る

20代の仕事探し、社会人未経験でも採用したいと思わせるには

企業の中には「正社員未経験の男性でも、20代なら人柄重視で採用したい」と考えている会社も多いです。

仕事のやる気、情熱、素直さをアピールすることで、未経験でも中途採用されるチャンスがあるんですよね。

逆に言うと、20代でやる気と情熱がなく、素直じゃない男性は就職が難しいかもしれません。それは企業の立場に立てば分かりますよね。あなたが採用担当だとすれば、やはり明るくて協調性があり、仕事に情熱を持って取り組む人間を採用すると思います。

たとえ元々の性格が暗くても、協調性に乏しくても、これから変わることは可能ではないでしょうか?

私も引きこもりで世間知らずでしたが、実家を出て仕事を探すことになり、「絶対に正社員になる!」と決意して求人を探していました。最初の企業こそブラックでしたが、その後に転職した会社は福利厚生が充実していましたし、それは20代前半で真剣に就活を行った結果なんですよね。

もしダラダラ就活して正社員になれず、契約社員や派遣社員、もしくはアルバイトの掛け持ちで日々を過ごしていれば、いつまで経っても面接前に会社を見抜けなかったと思います。

それに、20代前半の就職なので、どの会社でも新人扱いだったんですよね。社内で自分が一番若かった、ということもありますが、新卒、第二新卒、既卒のような扱いで人間関係がラクでした。

それは30代前半で転職した時に改めて感じましたね。上司が自分よりも年下で、お互いに気を遣ってギクシャクしていましたし、20代の就職よりも人間関係は辛かったです。

20代、30代での未経験就職の差

もしあなたが20代後半でも、ぜひ30歳前に就活を行って下さいね。30歳を超えると一気にハードルが高くなりますが、20代後半の男性なら、充分に正社員就職できますよ。

もちろん20代前半と比較すれば、27歳、28歳、29歳という年齢は厳しいかもしれません。同じような条件で22歳、23歳くらいのライバルがいたら、20代後半の応募者より若い方を採る採用者が多いでしょう。

そのため、今までのアルバイトで培った経験をPRしたり、資格を持っていれば資格を活かせる職種に狙いを定めたり、そのような戦略も考えて下さい。

とはいえ、やはり「20代」という響きは強いです。29歳と30歳なんてたった1歳しか違わないのに、市場価値は大きく変わります。

中途採用で長く活躍してもらいたいと思ったら、やはり少しでも若い人が欲しいというのが企業側の本音です。特に未経験であればその気持ちは強くなります。

そして若手といえば、やはり20代なんです。27歳~29歳くらいの方だと「もうすぐ30代だ…もう若くない」と思い込んでしまいますが、40代、50代の人がゴロゴロいる社会全体から見れば、29歳はまだまだ若手なんです。

一方、30歳になってしまうと若手のイメージはだいぶ薄れてしまいます。30歳ならまだギリギリ若いはずなんですが、「30代」ということで35歳や38歳の人達とも同じくくりになり、そちらのイメージに引っ張られてしまうんですよね。

それに「未経験者は20代まで」というように年齢で線引きされてしまう事も少なくないため、30代以降になると色々不利になるんです。

ですから20代後半の方は、20代という有利な立場でいられるうちに頑張って正社員就職を目指してください。

20代の正社員就職におすすめの就職支援サービス

20代男性の就活、正社員の仕事探しにおすすめなのは、20代向けの就職支援サービスを利用する事です。

求人を探すだけならハローワークや求人サイトでもできますが、就職支援サービスなら求人紹介以外にも様々な就活サポートが受けられるんです。

そして20代の若年者向けのサービスを選べば、職歴が少ない人でも応募できる未経験可の求人を豊富に扱っています。

経験者優遇の求人ばかり扱うところに登録しても、フリーターや社会人未経験者では思うように求人を紹介してもらえません。ですから20代のフリーター・第二新卒・既卒者を対象にしたサービスを選ぶことがポイントです。

20代フリーター、既卒者の就職支援サイトとしてオススメなのはDYM就職ですね。

DYM就職

DYM就職

DYM就職は新卒紹介実績No.1として、これまで培った取引先などもあり情報量が豊富でオススメです。

そして100%正社員案件を紹介、書類選考無しで内定獲得まで速いといった特徴もあります。

職歴が無い社会人未経験の方にとって書類選考は鬼門ですよね。職歴欄が空白の履歴書のせいでいつも書類選考で落とされてしまうのではないでしょうか。

DYM就職では書類選考無しで企業との面接をセッティングしてくれます。これにより採用担当者に直接アピールできる機会ができるので、採用に大きく近づけるんです。

また全国対応というのもポイントです。東京、大阪以外にお住まいの方も、地元での職探しに利用できます。

就職率が驚異の96%というDYM就職。無料で利用できるので、20代男性はもちろん、女性の方も就活の際はぜひチェックしてみてください。

DYM就職 公式ページはこちら

また他には、

などをオススメしています。

実際、私は両方の就職支援サービスのコンサルタント、コーディネーターの方にお会いしたことがありますが、両社ともに非常に熱心にサポートにあたっているんですね。

ハタラクティブは担当コンサルタントと二人三脚で就職活動を行います。

ジェイックはフリーター、既卒の就活でありながら、「同期といって良い存在、仲間」が作れます。
また、無料の就職支援講座により応募書類の添削や面接対策、ビジネスマナーなどもしっかり身に付けて仕事探しをする事が出来ます。

ちなみにジェイックは営業カレッジという名称ではありますが、正社員求人は営業職だけではありません。

その時々の正社員求人の状況、本人のスキル・適性などもありますから、そうした事も含めて相談してみても良いかもしれません。

ぜひ就活サポートに登録してアドバイスを受けて下さいね。無料で利用できますし、あなたの仕事探しの際の心強いパートナーになってくれるでしょう。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス