29歳フリーターが正社員就職

20代のうちに就職したい

29歳は人生の大きなターニングポイントではないでしょうか?29歳と30歳では意識が異なりますし、世間の目も変わります。

20代の内は、まだ幼さが残っているかもしれません。夢に向かって努力していても「まだ20代だから大丈夫」と根拠のない自信を持っていたり、周囲の目も「20代だから応援しよう」と暖かく見守っているかもしれませんね。

特に男性は夢見がちですから「絶対に夢が叶う」「必ず目標を叶える」とガムシャラに突っ走れるのが20代でしょう。

しかし25歳を超えて現実が見えてきたり、日々を何となく過ごし始めたり…気付けば27歳、28歳、そして29歳ではないでしょうか。

20代で追い続けた夢をあきらめるのは、決して恥ずかしいことではありません。真剣に努力して納得していれば、その経験を今後の人生に活かせますし、正社員として就職した後も頑張れると思います。

また、今まで自堕落かつ無気力に、ただ何となくフリーターとして過ごしていても、29歳という年齢で正社員就職できれば、今後の人生を変えることが出来るでしょう。

正社員とアルバイトでは仕事の責任が大きく異なりますし、その分、結果を残せば昇給したり、ボーナスに反映されたり、仕事のやり甲斐を感じる機会が多くなりますよ。

私も20代で会社員として働いていましたが、上司に以下の言葉をかけられました。

「80点の仕事をしても意味がない。常に100点の仕事をしなさい」

当時はいまいちピンときませんでしたが、30代後半の今なら分かります。

アルバイトなら80点でも良いかもしれませんが、正社員は違うんですよね。役割と責任が重いですし、常に100点の仕事をしなければ結果を残すことが出来ません。100点が当然の立場で、さらに上を目指す必要があるわけです。

今はまだピンとこないかもしれませんが、ぜひ覚えておいて下さいね。

20代のうちに正社員就職を目指すために

では、29歳フリーターが正社員を目指すには、何から始めれば良いのでしょうか?

まずは就職支援サービスへ登録して下さい。無料で利用できますし、サポートを受けながら就活を行えますので。

20代フリーター、既卒者の就職支援サイトとして、

などを利用される方も多いです。

いずれも20代限定(29歳まで)の就職支援サービスです。

フリーター就職、既卒、第二新卒の方も20代であれば利用可能です。

ただし20代前半~20代半ばの就活よりも、29歳は社会の目が厳しくなるでしょう。

「なぜ29歳まで就職しなかったのですか?」
「20代をどのように過ごしてきましたか?」

といった質問を面接で受けると思いますが、その際に相手が納得できる回答を返せるかどうか?がポイントなんですよね。

もし資格や検定を取得していれば、「資格の勉強がメインだったので、アルバイトしながら勉強をしていました」といった回答ができますし、夢や目標を追いかけていれば、そのことを素直に伝えると良いでしょう。

ただ何となく日々を過ごしていても、20代でやりたいこと、叶えたかった目標があるはずですし、真剣に対策を行って下さいね。

自分ひとりで志望動機を練ったり、面接対策を行っても限界があるので、やはりサポート充実の就職支援を利用すると良いですよ。

30歳の誕生日を迎える前に、ぜひ正社員就職を実現して下さいね。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス