仕事探し 20代

自分に向いている仕事は何?

20代の仕事探しには自分探しも含まれますね。自分にはどんな仕事が合っているのか、適性の高い仕事を見つける旅路とも言えるのではないでしょうか。

30代になれば、より現実的に自分に出来る仕事、向いた業界を考えると思います。しかし20代、特に20代前半で社会人未経験から就職を目指す際は、適性よりも興味・関心で前に進めるかもしれません。

もちろん人それぞれタイプが違いますし、男性、女性によっても変わるでしょう。どちらかと言えば女性の方が現実的に物事を考え、男性は夢見がちな傾向がありますよね。

しかし年齢を重ねて30代、40代になれば、自分がやりたい仕事よりも出来る仕事、可能性より現実に目が行きがちですし、さらに結婚して家庭を持てば責任も生じます。

子供が生まれればお金が掛かりますし、生活費に加えて養育費、学費、生命保険、住宅ローンなど、様々な出費があるんですよね。独身のまま30代に突入しても、20代の若手時代とは違いますから、何かとお金が必要です。

そう考えると、20代の仕事探しは純粋な興味、関心を優先できる分、柔軟にチャレンジできるのではないでしょうか?

20代はチャンスに溢れる年代です

たとえば私の弟は20代の頃、ゲーム開発に関わりたいと言っていました。プログラミングの勉強もしていたようですが、同時に接客のアルバイトを続けていたんですよね。

20代後半になり、初めて「自分の適性はプログラミングではなく接客の仕事」と気付いた結果、現在はアルバイトを続けていた会社で、正社員として働いています。

また私自身、20代の頃は様々な仕事を経験しました。国家資格を取得して法律関係の仕事に就いたり、インターネットで独立したり、教育機関で働いたり、今から振り返れば20代だからこそ、チャレンジできたことが多いんですよね。その分、何も分からず就職活動を行った結果…ブラック企業に勤めたこともあります。

危うさ(リスク)と可能性(チャンス)を同時に備えているのが、20代の特徴ではないでしょうか。

そのため、出来る限りチャンスを伸ばし、極力リスクを減らしていくのがベストです。就職活動を自分一人で行うと、社会経験の少なさから、私のようにブラック企業に勤めかねません。

ブラック企業の中には、ある種の洗脳を行っている会社もあるので気を付けて下さいね。「お前の価値はゼロだ」と日々怒鳴り続けた後、「お前なら出来ると信じていた」と手のひら返しで賞賛する。そのような洗脳のプロセスを自然に行っている会社もあるのです(私が働いていた会社がそうでした)

ハローワークの中にもブラックな求人は含まれていますが、民間の就職支援サービスを利用すれば、避けられる可能性が高いですよ。

優良企業の求人のみ取り扱っている紹介会社がありますし、社会人未経験の20代を対象にしたサービスもありますね。

20代フリーター、既卒者の就職支援サイトとして、

などが20代のフリーター、既卒者向けの就職支援サービスとなります。

実際に上記、ハタラクティブやジェイックを活用して正社員就職を決めたフリーター、20代の方も多いそうですよ。

まずはそのような転職求人サイト、人材紹介会社を利用しながら、自分の可能性を信じて就活を行って下さい。20代のうちは、何度でもチャレンジできるはずですから。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス