職歴無し、スキル無し、29歳の就活

20代後半の就活事情

職歴無し、スキル無し、29歳の就活について。

同じ20代でも、24歳と29歳では就職の難易度が違います。やはり20代前半の方が就職しやすいですし、25歳を超えると1年1年が重くなるんですよね。

25歳よりも26歳、27歳よりも28歳、そして29歳と年々就職のハードルが上がりますし、職歴・スキルが無ければ、より難しくなります。

しかしそれは、あくまでも同じ20代で比較した場合です。29歳と35歳、29歳と40歳で比較すれば、圧倒的に29歳にアドバンテージがあるでしょう。

29歳と30歳は1年しか変わりませんが、20代と30代には大きな違いがあります。

企業の人事部としても、職歴なし、スキルなしの29歳と30歳が同時に履歴書を送ってくれば、年齢の違いに注目すると思います。そのくらい20代と30代の差は大きいんですよね。

そうは言っても、今までに正社員経験がない、仕事で身に付けたスキル・技術がなければ、採用まで時間が掛かるのは仕方ありません。

粘り強い就職活動が必要になりますし、一社一社、丁寧に履歴書を作成し、面接では情熱を持って受け答えを行い、それでも不採用になれば、再び、同じプロセスを繰り返すことになりますね。

「どうせ次もダメだろう…」という思いで作成された履歴書は、簡単に担当者に見抜かれてしまいます。意欲に欠ける人材、熱意のない人材は、履歴書の内容だけですぐ分かるものですよ。

職歴&スキル無し、29歳が正社員採用されるコツ

では、どうすれば職歴とスキルが無い29歳でも、正社員採用されるのでしょうか?

先ほどお話したように、不採用が続いても粘り強く就活を続けるのは前提です。しかし延々と同じような履歴書を作成し、同じような考え方で就活を繰り返しても、なかなか良い結果は出ないでしょう。

あなたを評価してくれる企業に出合うまで努力を続ける必要はありますが、努力の仕方が間違っていたり、そもそも努力の方法が分からなければ、正社員採用は難しいかもしれません。

そのため、就活のプロのサポートを受けながら、正社員就活を行って下さい。

今は社会人未経験でも利用できる就活サービスがあります。フリーター、既卒、第二新卒を対象にしている民間企業がありますし、無料で利用できますから、まずは試して下さいね。

それと共に、あなたが目指す業界で役立つ資格があれば、学習を始めても良いでしょう。難易度によっては29歳の内に取得できないかもしれませんが、少なくとも面接において「○○の資格学習を行っています」とアピールできます。その姿勢を見せるだけでも、面接先の企業によっては効果的ですよ。

もしくは簡単に取得できる資格、検定があれば取得してみる、それを履歴書に掲載して自己PRしてみる、という方法もあります。

そのようなアドバイスも就活支援サービスで行ってもらえると思うので、気軽に無料登録を行ってみて下さい。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス