20代後半 未経験でも就職できる

30歳を目前にしてやっと現実が見えてきた…

20代後半になると色々なことを考えますよね。きっと20代前半の頃は…

と純粋に思えるかもしれません。就職する友人を見ても、「毎日ネクタイ締めて窮屈だろうなぁ」「ラッシュアワーの電車やバスなんて、自分には堪えられない」と感じませんでしたか?

その結果、アルバイト生活を選んだり、派遣スタッフとして働いたり、正社員を避けてきた方も多いと思います。夢を追いかけて大学卒業時に就職せず、フリーターとしてアルバイト生活をされていた方も多いのではと思います。

しかし20代後半になれば現実が見えてきますね。自分がその夢に対して、才能があるかどうかといった事も見極める必要も出てくるかと思います。

あれだけ避けてきた正社員でも、フリーターよりも安定性が高い、将来性が高い、何より給料が高いとなれば、羨ましく思うのは当然です。フリーターは賞与・ボーナスはありませんよね。(寸志でボーナスを支給してくれるバイト先もあるかもしれませんが)

もし20代で就活せず、30代に突入すれば…一気に就職が厳しくなりますよ。

29歳はまだ正社員就職しやすい環境が整っています。フリーター就職支援サイトはたくさんありますが、基本的に20代限定です。30代では利用出来なくなります。1歳の差、大きいです。

今まで社会人経験があれば別ですが、経験なしの30歳、31歳、32歳を雇用する企業は少なくなります。難易度の高い国家資格(税理士や司法書士)があれば別ですが、基本的に30代の就職は、20代と比べて極端に難しくなるので、20代後半の内に本気で就活を行って下さい。

例えば、20代フリーター就職支援サイトとして、

仕事探し 20代

でご紹介していますが、

などがあります。他にも多数ありますが、それぞれカラー(サポート方針、ノリ)が違っていたり、直接応募タイプだったりと色々あります。

上記のサイトはしっかり担当コンサルタントが付いて就職支援を行ってくれます。

30代後半の姿をイメージしましょう

もちろん20代後半よりも、20代前半の方が有利でしょう。しかし過ぎ去った年月は取り戻せないですし、比較するなら30代後半と比べて下さいね。

このまま10年経った時に、未経験から就職できるかと言えば…著しく難しくなります。友人知人のコネがない限り、書類審査で落とされる日々が続くのではないでしょうか。

私は現在30代後半ですが、会社員生活から離れて時間が経っているので、今後の就職は難しいと思っています。業界問わずに50件、100件と探し続ければ、どこかに採用されるかもしれませんが、それまで前向きな姿勢を保てるかと言えば、全く自信がありません。年下の面接担当にきつい質問を浴びせられ、日々やつれていく姿が目に浮かびます。

それが30代後半の就活ですし、あなたの10年後の姿と重なるのではないでしょうか?そうならないためにも、ぜひ20代の内に就職を決めて下さいね。

民間の就職支援の公式サイトを見ても、【20代の既卒、第二新卒、フリーター】という表記が見られることが多いです。27歳、28歳、29歳も20代の内ですから、30歳の峠を越える前に、積極的な就活がおすすめです。

20代なら未経験でも歓迎してくれる企業は多いですし、その際はしっかり志望動機を練って下さいね。サポートを受けられるタイプの就活支援なら、志望動機・自己PRを一緒に考えてもらえますし、面接対策も行ってもらえますよ。

無料で利用できますので、気軽に会員登録を行って下さいね。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス