20代 フリーター就活サイト

年齢と採用基準の関係

20代のフリーター就活サイトに関する情報です。

20代は社会人未経験でも就職しやすい年齢ですね。30歳を過ぎると採用のハードルが上がりますが、20代なら早期の就職も狙えますよ。

ただし20代後半は急いで下さいね。26歳、27歳、28歳、29歳は1年ごとが勝負です。また1年ごとに印象が大きく変わる年齢でもあります。26歳と27歳、27歳と28歳の差は大きいですし、28歳と29歳の印象も大きく違うんですよね。

業種・業界によって社員の平均年齢は変わりますし、営業、事務、販売のような職種によっても変わります。28歳~29歳が業界的に若いこともあれば、ベテランに入るケースもあるでしょう。

たとえばプログラマーやシステムエンジニアなら、未経験者は20代前半しか採用しないかもしれません。介護業界なら、20代後半でも充分に働けます。

そのように、あなたが目指す業種・業界によって採用基準は異なりますので、フリーター就活サイトの担当者に相談して下さいね。

20代フリーターが利用できる就活サイト

ここから、「どのようなフリーター就活サイトを利用すれば良いか?」について具体的にお話ししますね。

最大のポイントは、公式サイト内に【20代】や【フリーター】という言葉が掲載されているかどうかです。

就活サイトも様々ですから、中には経験豊富な社会人が対象のサービスもあります。そのようなサービスは就職ではなく「転職サポートがメイン」ですから、未経験の20代フリーターが利用しても意味がないでしょう。(過去に正社員経験があれば別ですが)

また、同じ20代をターゲットにしていても、バイト探しで利用した求人サイトは避けて下さい。そのサイトが正社員にも対応していれば別ですが、基本的にバイトと正社員の仕事探しは別物です。

アルバイトのような簡単な履歴書ではなく、志望動機や自己PRをしっかり練る必要がありますし、面接もカジュアルな服装ではなく、男性はスーツにネクタイ、女性もスーツが基本ですからね。

そのように消去法で考えても、残るのは【20代フリーター】を対象にした就活サイトです。特にサポートを受けられる就活サイト、優良企業の紹介を受けられる就職支援を選んで下さい。

「でも…どうやって見つけたらいいの?」と思われるかもしれませんね。そんなあなたに代わって就活サイトを調べた結果、以下が【20代フリーター】に対応していましたよ。

ハタラクティブは東京、千葉、埼玉、神奈川に対応していますし、ジェイックは大阪や名古屋、静岡、福岡、宮城にも対応しています。どちらもサポート型の就職支援ですし、社会人未経験の20代フリーターを無料で支援してくれますね。

関東地方にお住まいならハタラクティブとジェイック、その他の地域にお住まいで対象エリアに含まれていれば、ぜひジェイックを利用してみて下さい。心強いパートナーとして、あなたをサポートしてくれますよ。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス