短期間で正社員を退職⇒フリーターからの就職

正社員期間はどれくらい?一度整理してみよう

退職後、フリーターから再就職を目指すには

短期間で正社員を退職、フリーターから就職する方法をお話ししますね。

まずは紙とペンを用意して、以下を書き出すと良いですよ。

正社員期間が1年以上あれば、スムーズに次の職場が見つかる可能性が高いでしょう。

短期間の定義は人によって違いますので、中には1年~3年を短期と考える方もいます。しかし新卒で1年~3年の経験があれば、電話応対、名刺交換、来客対応など、「社会人に必要なビジネスマナーを身に付けている」と考えられますよね。

新卒で採用すればまずこの社会人の基礎から教育します。しかしそれには時間もコストも掛かりますから、会社側には結構な負担となるんです。

ですから最初に就職して基本的な教育を受けてきた第二新卒は、若手の新人ではあるものの基礎は身に付いている即戦力に近い第二新卒として、『企業の人事担当者の評価が高い』と思われます。
(そのような評価を行う会社は実際に存在します)

特に最近は新卒を確保できなかった企業がその穴埋めとして第二新卒を採用するケースが増えているので、第二新卒者のニーズは高まっています。

ですから退職後のフリーター期間があまりに長く、年齢的に30歳を超えていればまた話は変わってきますが、現時点で20代なら就職しやすいのではないでしょうか。

詳細は就職支援サービスの担当者に聞いていただきたいのですが、あなたの性格、正社員への意欲、仕事への情熱によっては、短期間で就職できるチャンスがありますね。

第二新卒向けの求人は若年者向けの就職支援サービスでも豊富に扱っています。

これら20代のフリーター・第二新卒・既卒者向けの就職支援サービスで、第二新卒を歓迎する求人を数多く扱っています。

就職に有利になる今のうちに、積極的に就職活動することをおすすめします。

正社員期間1ヵ月~3ヵ月の志望動機

次に、正社員期間が1年以下(3ヵ月など)で辞めた場合はどうでしょうか。

世間一般的な感情として、1ヵ月~3ヵ月の退職者の印象は良くありません。病気など、やむにやまれぬ事情があれば別ですが…

といった理由では弱いでしょう。特に企業の面接担当者は「採用してもすぐに辞めてしまうのかな?」と自然に思います。

私も人事採用の仕事をしていましたが、履歴書・職務経歴書でまずチェックするのが『職歴』なんですよね。

「どの会社でどのような仕事に携わったのか」はもちろん、在籍期間を気にしていました。あまりに短い期間で職を転々としていれば、「簡単に退職する方かな…」とあまり良い印象は持たなかったですね。

ただし、説得力ある退職理由があれば別です。

「タイムカードさえないブラック企業で働き続け、体調を壊して退職しました」
「会社の業績が傾き、若い社員からリストラする方針だったため、会社都合で退職になりました」

のように客観的に考えて仕方ないかなという理由なら、書類審査をクリアする可能性があります。

また、以下のような内容も評価されやすいでしょう。

「3ヵ月と短い期間ではありますが、営業成績は社内でトップクラスでした。その後、御社の業界に興味を持ちましたが、その時は正社員採用されず、同じ業界でアルバイト経験を重ねています」
「営業職として新卒入社した会社は3ヵ月で退職し、デスクワークのアルバイトを2年続けています。その過程で自分には事務職があっていると分かり、商業簿記2級を取得しました」

退職理由がアバウトでも一定の実績を残していたり、自分に合った仕事を探している、というパターンですね。

その後に志望する会社の理念、経営方針を含めて、自己PRを練ってくださいね。

新卒で就職した会社を3ヶ月未満、1ヶ月未満で辞めてしまったとしても、就職先はあります。20代という若さはそれほど大きな武器になるんです。

先ほどご紹介したDYM就職やハタラクティブ、ジェイックなどの20代フリーター・第二新卒・既卒者向けの就職支援サービスでは、短期退職してしまった人も就職サポートしてもらえます。

ちなみに短期退職者だけでなく、社会人未経験の方、大学中退の方もサポートしてくれます。なかなか正社員就職が決まらなくてお悩みの方は、ぜひ一度相談に行ってみてはいかがでしょうか。

退職してフリーター期間が長くならないように注意!

正社員を退職し、生活のためなど事情があってフリーターになった場合、フリーター期間が長くならないように注意する必要があります。

フリーター期間が長くなると、正社員としての経験も評価されにくくなる可能性があるためです。
退職前にどれくらい職歴を積んでいるかにもよりますね。

今回のように新卒入社から短期間での退職(早期離職)などの場合だと、職歴としてあまり評価されないでしょうし、2年、3年と正社員経験があったとしてもフリーター期間が3年、4年と長い場合にはブランクとしてやはり長いですよね。

実際、自分自身としても前職の経験を問われても、忘れてしまっていて自信が無いと思います。

履歴書の長い空白期間は面接で確実に質問されます

フリーター期間が長くなると、履歴書にも長い空白期間が生まれてしまいます。

それにフリーター期間が長いと、就活の面接でも、

「どうしてフリーターになったのですか?」

「どうして就職しなかったのですか?」

といった質問が確実にされます。

退職してフリーターになる時、多くの方はできるだけ早い時期に再び正社員として転職しよう。
と考えていると思います。

フリーターはやはり不安定、ということは頭にあるでしょう。

仮に正社員経験があったとしても、30代でフリーターになっていた場合には転職は難しいですからね。

時給相場が高い東京都などですと、フリーターでもガッツリ働けば月収20万など稼げるはずです。
正社員の時よりも手取りが多い・・・といった方もいるかもしれませんね。

それにフリーターとして毎日忙しく働いていると、意外と充実感もあり気がつくと1年経っていた・・・といった事も考えられます。

退職して一旦フリーターになる場合であっても、ゆくゆくは正社員として再び働く事を希望する場合は、フリーター期間が長くならないように気をつける必要があります。

退職後のフリーター経験を活かして正社員へ

正社員を短期間で辞めている場合は、アルバイト期間も就活の武器に考えてください。先ほどお伝えしたように、「同じ業界で就職するため、まずはアルバイト経験を重ねた」という理由もありでしょう。

私の兄弟は現在、コンビニ本社で正社員として働いていますが、元々はアルバイトだったんですよね。それ以前に別な業界で新卒採用されましたが、3ヵ月で退職し、実家に戻ってきました。その後、コンビニでアルバイトを5年続け、正社員に誘われ、今はスーツ&ネクタイで本社勤務を続けています。

そのような例もありますので、『フリーター経験を活かして社員へステップアップ』も考えてみてください。

アルバイト経験を活かして就職活動ができれば、全くの未経験職種へ挑戦するよりも内定率は高くなるといえますね。

必ずしも「同じ会社で社員を目指す」というわけではなく、「同じ業界の正社員求人を探してみる」ということですね。就職支援サービスを利用することで、あなたの職歴を活かせる正社員求人を紹介してもらえるチャンスがありますよ。

他にも、フリーター期間に資格を取得していれば、異業種・異業界で正社員採用されるかもしれません。私も最初に就職した会社を短期間(6ヵ月以下)で辞めましたが、行政書士と社労士の資格を活かして会計事務所に転職できました。

法律系の国家資格に限らず、就職に有利な資格はありますし、履歴書の資格欄に記載することで、自然に自己PRできると思います。

その辺りの相談も就職支援サービスで行ってくださいね。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス