短期間で正社員を退職⇒フリーターからの就職

正社員期間はどれくらい?一度整理してみよう

短期間で正社員を退職、フリーターから就職する方法をお話ししますね。

まずは紙とペンを用意して、以下を書き出すと良いですよ。

正社員期間が1年以上あれば、スムーズに次の職場が見つかる可能性が高いでしょう。短期間の定義は人によって違いますので、1年~3年を短期と考える方もいるんですよね。

新卒で1年~3年の経験があれば、電話応対、名刺交換、来客対応など、「社会人に必要なビジネスマナーを身に付けている」と考えられますよね。

その場合、即戦力に近い第二新卒として、『企業の人事担当者の評価が高い』と思われます。(そのような評価を行う会社は実際に存在します)

退職後のフリーター期間があまりに長く、年齢的に30歳を超えていれば、また話しは変わってきますが、現時点で20代なら就職しやすいのではないでしょうか。

詳細は就職支援サービスの担当者に聞いていただきたいのですが、あなたの性格、正社員への意欲、仕事への情熱によっては、短期間で就職できるチャンスがありますね。

正社員期間1ヵ月~3ヵ月の志望動機

次に、正社員期間が1年以下(3ヵ月など)で辞めた場合はどうでしょうか。

世間一般的な感情として、1ヵ月~3ヵ月の退職者の印象は良くありません。病気など、やむにやまれぬ事情があれば別ですが…

といった理由では弱いでしょう。特に企業の面接担当者は「採用してもすぐに辞めてしまうのかな?」と自然に思います。

私も人事採用の仕事をしていましたが、履歴書・職務経歴書でまずチェックするのが『職歴』なんですよね。「どの会社でどのような仕事に携わったのか」はもちろん、在籍期間を気にしていました。あまりに短い期間で職を転々としていれば、「簡単に退職する方かな…」とあまり良い印象は持たなかったですね。

ただし、説得力ある退職理由があれば別です。

「タイムカードさえないブラック企業で働き続け、体調を壊して退職しました」
「会社の業績が傾き、若い社員からリストラする方針だったため、会社都合で退職になりました」

のように『客観的に考えて仕方ないかな』という理由なら、書類審査をクリアする可能性があります。

また、以下のような内容も評価されやすいでしょう。

「3ヵ月と短い期間ではありますが、営業成績は社内でトップクラスでした。その後、御社の業界に興味を持ちましたが、その時は正社員採用されず、同じ業界でアルバイト経験を重ねています」
「営業職として新卒入社した会社は3ヵ月で退職し、デスクワークのアルバイトを2年続けています。その過程で自分には事務職があっていると分かり、商業簿記2級を取得しました」

退職理由がアバウトでも一定の実績を残していたり、自分に合った仕事を探している、というパターンですね。

その後に志望する会社の理念、経営方針を含めて、自己PRを練ってくださいね。

フリーター経験を活かして正社員へ

正社員を短期間で辞めている場合は、アルバイト期間も就活の武器に考えてください。先ほどお伝えしたように、「同じ業界で就職するため、まずはアルバイト経験を重ねた」という理由もありでしょう。

私の兄弟は現在、コンビニ本社で正社員として働いていますが、元々はアルバイトだったんですよね。それ以前に別な業界で新卒採用されましたが、3ヵ月で退職し、実家に戻ってきました。その後、コンビニでアルバイトを5年続け、正社員に誘われ、今はスーツ&ネクタイで本社勤務を続けています。

そのような例もありますので、『フリーター経験を活かして社員へステップアップ』も考えてみてください。

必ずしも「同じ会社で社員を目指す」というわけではなく、「同じ業界の正社員求人を探してみる」ということですね。就職支援サービスを利用することで、あなたの職歴を活かせる正社員求人を紹介してもらえるチャンスがありますよ。

他にも、フリーター期間に資格を取得していれば、異業種・異業界で正社員採用されるかもしれません。私も最初に就職した会社を短期間(6ヵ月以下)で辞めましたが、行政書士と社労士の資格を活かして会計事務所に転職できました。

法律系の国家資格に限らず、就職に有利な資格はありますし、履歴書の資格欄に記載することで、自然に自己PRできると思います。

その辺りの相談も就職支援サービスで行ってくださいね。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス