フリーターから介護職へ就職

人材不足で就職しやすい業界

フリーターから介護職へ就職、という選択肢がありますね。

介護職は人材不足が続いていますから、就職しやすい業界と言えます。その分、体力的にも精神的にも負担が重いので、「就職しやすいなら適当に目指そうかな…」という安易な気持ちでは長続きしないでしょう。

しかし元々介護に興味があったり、実際に両親や祖父母の介護を行っていたり、高齢者との会話が得意な方にとっては、介護の仕事が天職になる可能性もありますよ。

接客のアルバイトは長続きしなくても、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、デイサービス、サ高住のような介護施設なら自然に仕事が続く、という方も実際にいるんですよね。それは男女問わずです。

介護業界は男性も女性も求人ニーズがありますので、介護の仕事に興味がありましたら、積極的に情報収集を行って下さいね。

高齢者とのコミュニケーションがポイント

私の親戚も有料老人ホームで働いていますが、適性を見ると高齢者に対するコミュニケーション力が高いですね。

あなたが上記のようなタイプなら、介護の仕事が向いているかもしれません。

給与的にはまだまだ低い基準ですが、国としても給与アップの方針を打ち出していますし、将来的に高年収を稼げる可能性もゼロではありません。

そのためには努力も必要ですね。何となく介護職に就くのではなく、介護職員初任者研修を皮切りに、実務者研修、介護福祉士、ケアマネージャーのような上級資格の取得も考えて下さい。資格取得を通してスキルアップできますし、キャリア形成に繋がりますよ。

そのためにも、まずはフリーターから介護職へ就職し、実際に働いてみることですね。無資格・未経験からすぐに正社員が難しいケースでも、契約社員や準社員として採用されるチャンスがあるかもしれません。

それでも厳しければアルバイトから始めて、将来的に社員登用を狙っても良いですね。実際にバイトから正社員へステップアップできる介護施設もありますので。

いずれにしても、まずは介護施設や派遣介護の仕事を体験してみて下さい。

「未経験可、無資格OKの介護求人を探しています」と就職支援サービスの担当者に伝えれば、あなたのニーズにマッチした職場を紹介してもらえる可能性がありますよ。

一般的な求人サイトやハローワークを利用しても良いですし、幅広く求人情報のアンテナを立てながら、フリーターからの就職を目指して下さいね。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス