フリーターから介護職へ就職

人材不足で就職しやすい業界

フリーターから介護職へ就職、という選択肢がありますね。

介護職は人材不足が続いていますから、就職しやすい業界と言えます。その分、体力的にも精神的にも負担が重いので、「就職しやすいなら適当に目指そうかな…」という安易な気持ちでは長続きしないでしょう。

しかし元々介護に興味があったり、実際に両親や祖父母の介護を行っていたり、高齢者との会話が得意な方にとっては、介護の仕事が天職になる可能性もありますよ。

接客のアルバイトは長続きしなくても、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、デイサービス、サ高住のような介護施設なら自然に仕事が続く、という方も実際にいるんですよね。それは男女問わずです。

介護業界は男性も女性も求人ニーズがありますので、介護の仕事に興味がありましたら、積極的に情報収集を行って下さいね。

介護職の適性について

私の親戚も有料老人ホームで働いていますが、適性を見ると高齢者に対するコミュニケーション力が高いですね。

あなたが上記のようなタイプなら、介護の仕事が向いているかもしれません。

また幼い頃から祖父母と同居していた人も、高齢者と接することに慣れているので介護に向いていると思います。三世代同居している家庭だと、子供の頃から

「おじいちゃんにそんな重い物持たせたらダメでしょ!」
「おばあちゃんがおもち喉に詰まらせないように見ててね」

といったことをよく親から言われたりするので、高齢者に対する扱い方が自然と身に付くんですよね。そのため自然と様々な配慮・気配りができるようになります。

ただ、「身内の介護と仕事の介護は違う」とよく言いますから、身内に高齢者がいて介護を経験したことがあるとしても、必ずしも介護職に向いているとも限りません。

逆にいえば身内に高齢者がおらず介護と無縁の生活を送ってきたとしても、介護士として働く分には全く問題がなかったりしますから、そこはあまり気にしなくても大丈夫だと思います。

あとは潔癖の気がある人だと、最初のうちはちょっと苦労するでしょう。特に排泄処理はキツイかもしれません。

しかし仕事を続けていくうちに慣れてしまうという意見が多いですし、排泄処理に関しては素手は無理でも手袋をすれば大分抵抗感は無くなります。何事も慣れですから、仕事だと割り切ってしまえば思ったより平気かもしれませんよ。

自分が介護職に向いているのか不安だな…と思っているのなら、施設見学や1日体験などに行ってみるのもいいと思います。現場を見て体験することで、実際に働いている姿を具体的に想像しやすくなりますよ。

介護の資格を取得してキャリアアップ

介護職は給与的にはまだまだ低い基準ですが、国としても給与アップの方針を打ち出していますし、将来的に高年収を稼げる可能性もゼロではありません。

そうなった時のためにも、資格を取得してスキルアップ・キャリアアップすることは大切です。介護の仕事は一応無資格でも働けますが、資格があった方が次のステージへ進めます。

ですから何となく介護職に就くのではなく、介護職員初任者研修を皮切りに、実務者研修、介護福祉士、ケアマネージャーのような上級資格の取得も考えて下さい。資格取得を通してスキルアップできますし、キャリア形成に繋がりますよ。

ただ最初からこれらの資格すべてを取得してから就職するのは時間がかかり過ぎますから、まずは介護職員初任者研修あたりを取得してから就職を目指すのがいいのではないでしょうか。

介護資格は働きながら徐々に取得する人も多いですから、就職してからでも十分間に合いますよ。

未経験から介護職に就職する

キャリアアップは就職してからでもできますから、まずはフリーターから介護職へ就職し、実際に働いてみることですね。無資格・未経験からすぐに正社員が難しいケースでも、契約社員や準社員としてなら採用されるチャンスがあるかもしれません。

それでも厳しければアルバイトから始めて、将来的に社員登用を狙っても良いですね。実際にバイトから正社員へステップアップできる介護施設もありますので。

ただ、現在フリーターなのであれば介護職員初任者研修くらいは取得した方がいいかもしれません。その方が就職先の選択肢が増えますし、資格手当がついて初任給も多少アップするでしょう。

いずれにしても、まずは介護施設や派遣介護の仕事を体験してみて下さい。未経験でも働ける施設はたくさんありますよ。

介護の求人を探すなら、介護業界専門の転職支援サービスである、

の利用がおすすめです。介護の求人が豊富で、様々な条件の求人が見つかります。

無資格の方も、「未経験可、無資格OKの介護求人を探しています」と就職支援サービスの担当者に伝えれば、あなたのニーズにマッチした職場を紹介してもらえる可能性がありますよ。

他にも一般的な求人サイトやハローワークを利用しても良いですし、幅広く求人情報のアンテナを立てながら、フリーターからの就職を目指して下さいね。

やりたい仕事がないフリーターにはおすすめの仕事かも

フリーターの中には、「やりたい仕事がないから就職できない」と思っている方も少なくないでしょう。

自分のやりたい仕事がわからない、やりたい事が何もないという人は、正社員求人を見ていてもどれもピンとこないと思います。

そういうタイプの人は、「給料はもちろん大事だけど、それ以上にやりがいがあって働き甲斐のある仕事がしたい」という想いがあるのではないでしょうか?

介護の仕事はそういった方にぴったりの仕事かもしれません。

介護職は確かに給料は高くはありませんが、やりがいはとてもあります。なぜなら人の役に立っているという事が目に見えて実感できるからです。

介護士は利用者からすごく頼りにされるし感謝されます。これって普段サラリーマンとして働いている時にはなかなか味わえない感覚なんですよね。

それに利用者はもちろん、利用者の家族からもとても感謝されます。中には何だかんだと文句を言ってきたりまかせっきりでノータッチの家族もいますが、介護経験のある家族ほど「私達の代わりに介護してくれて本当にありがとうございます」という気持ちで接してくれます。

社会的貢献度の高い仕事ですし、働いていると誰かの役に立っているという事をひしひしと感じられるんです。

という欲を十分に満たしてくれるので、

と思っているフリーターがいたら、人によっては天職にもなり得る仕事だと思うんですよね。

色々と大変なことも多い介護職ですが、やりがいの面では魅力的な仕事です。気になる方はぜひチャレンジしてみてください。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス