就職決まらず卒業。でも正社員就職したい

就職決まらず卒業後、就職するには

就職が決まらずに卒業後、やはり早い時期に就職をしたい、ということで就職活動をどうしようか・・・と迷われている方も多いのではと思います。

なんとなく、

「やりたい仕事が無いから」

とフリーターになるのは出来れば避けてください。

フリーターもそれなりに毎日忙しくアルバイトがあるでしょうし、仕事も責任があまり無く楽です。
それでいて生活するだけの収入は得られるでしょうから、もしかするとズルズルと1年、2年とフリーター生活が続いてしまう可能性があります。

フリーター生活が長くなればなるほど、年も取りますよね。

正社員就職を目指すにあたっては、若い方が有利です。

既卒者の就職率に関しては卒業直後が高くなり、フリーターやニート年数が長くなるにつれて内定獲得が難しくなっていきます。

卒業後、もしフリーターやニートなど空白期間がある方の場合でも、

「正社員になりたい」

とお考えでしたら早めに就職活動をスタートされる事をオススメします。

既卒、フリーターやニートからの正社員就職では、応募書類や面接対策で苦労する方も多いでしょうからプロのサポートを得られる就職支援サービスの活用が良いでしょう。

20代 社会人未経験、フリーター・既卒向け就職サイト

既卒フリーター、ニートの就職

就職決まらず卒業。でも正社員就職したいあなたへ。

新卒で就職できればベストかもしれませんが…

など、事情により就職が決まらず卒業することがありますよね。

私の友人の中にも、高校や大学を卒業後にフリーターを選んだ人間がいます。また私自身、途中で大学をドロップアウト(中退)したので、就職先は決まっていなかったです。

そのような状況から正社員を目指すには、自分ひとりで求人を探すよりも、転職支援サービスを利用する方が効率的ですよ。

一度でも企業に就職すれば職歴になりますし、転職活動もしやすいですが、初めての就活・正社員の仕事探しに関しては、しっかりサポートを受けながら探す方が良いでしょう。今は民間の就職支援が充実していますからね。

東京や千葉、神奈川など関東地方にお住まいなら、フリーター、第二新卒、既卒が対象の就職支援サービスも利用できますので、積極的に活用してみてはどうでしょうか?

大学卒業後の就活、既卒は不利

既卒3年以内であれば新卒枠に応募することが出来ますが、全ての企業が既卒の応募を受け入れている訳ではありません。

なおかつ、既卒者が実際に採用されるのは非常に狭き門です。

多くの企業はまだまだ新卒採用が主ですから、新卒採用への応募は可能ですが過度な期待はしない方が良いといえます。

もし既卒として新卒枠に応募する場合には、新卒就活時と同じスケジュールで動く事になりますのでタイミングには気をつける必要があります。

同時に中途採用を狙って就活を進める方が多いと思いますが、既卒者は中途採用の面でも不利になりがちです。

面接官からは、

なぜ在学中に就職が決まらなかったのですか?

といった質問がほぼ確実にされます。

その裏には、就職が決まらなかった人材なのでは?という事もあるでしょう。

ブランク期間が空いていれば、

卒業してから何をしていたのですか?

といった質問もされるでしょう。

既卒の就職活動では新卒の時とは違う質問がされることになります。
そして、いずれも答えにくい質問であることが特徴です。

しっかりとした面接準備が必要です。

内定ゼロのまま卒業した理由は、面接官が最も知りたい事かもしれません。

嘘を答えるのはいけませんから、素直に答えつつ、出来る限りポジティブに話の流れを持って行けるように面接対策をしておく事が大切となります。

就活という行動で人生を変えましょう

学生時代ってまだまだ将来が見えませんよね。自分の可能性を無限に信じられたり、「やりたいことは何でも出来る」と思うかもしれません(私はそうでした)

しかし就職が決まらず卒業すると…心に焦りが芽生えます。明確な夢や目標があれば良いかもしれませんが、どちらにしても不安は膨らむことでしょう。

学生時代は「何とかなる」と思っていても、何ともならない現実に気付くのです。やはり何事も行動しなければ、人生は変わらないんですよね。

あきらめず、粘り強く、動き続けること。そうすれば条件の良い正社員求人に出合える確率がアップしますし、履歴書を送り続ければ面接を受けるチャンスも増えます。そして面接を受け続ければ、中途採用の可能性も上がるんですよね。

ポイントは、トライ&エラーを繰り返すことです。不採用が続くようなら、「なぜ採用されないのか?」を真剣に考え、対策を練って、再びチャレンジして下さい。

既卒者の就活は新卒より不利かもしれませんが、それでも年齢が若いという大きな武器があります。このまま歳を重ね、20代後半、30代に突入すれば、より就職活動が難しくなりますから、今の内に積極的に行動して下さいね。

就職支援サービスを利用すれば、就活のプロであるアドバイザーに相談できますし、手厚いサポートを受けながら正社員求人を探せますよ。

既卒の志望動機の練り方、自己PRの仕方、面接対策など幅広く相談できますから、まずは気軽に問い合わせてみて下さい(無料で利用できます)

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス

【DYM就職インタビュー】DYM就職がフリーター・ニートの就職に強い秘密とは?