なんでもいいから正社員、では採用されにくい

採用する側の気持ちを考えてみる

正社員への思いが強すぎると、「どこの会社でも良い、なんでもいいから正社員になりたい」と思いがちです。

しかしその考え方では難しいんですよね。それは採用担当者の気持ちを考えればすぐに分かります。

「なんでもいいから正社員って…だったらウチじゃなくてもいいの?」

と、思うはずですよね。

もしあなたが経営者だとすれば、なんでもいいから正社員になりたい人間よりも、「ぜひ御社に入社したいんです!」という情熱を持って面接に来る人間を採用しませんか?そのような人間の方が、活躍してもらえると思いませんか?

しかし当事者として就職活動を行っていると、上記の考え方を忘れがちです。

誰でも自分だけは特別扱いします。他人のことはよく見えても、自分を客観的に見るのは難しいです。そのため、独りよがりな志望動機を考えたり、担当者の気持ちを考えない履歴書を作成してしまうのです。

企業側としても、人材採用にはリスクがあります。問題社員を採用すれば一気に社内の雰囲気が変わりますし、特に社員が少ない企業にとっては命取りです。

会社としても人材採用は真剣ですから、私たちも本気で挑まなければならないんですよね。そう考えると、「なんでもいいから…」という考え方では通用しないのが分かるでしょう。

サポートを受けながら正社員求人を探す

一社一社、履歴書を送る会社の情報を調べる必要がありますし、なぜ御社に入りたいのか、御社でなければ駄目なのか、を説得力を持って志望動機に含めて下さい。

しかし正社員就職は数撃ちゃ当たる、というものでもありません。特にフリーター、既卒、第二新卒の就活となれば、しっかりサポートを受けながら仕事を探す方が良いですね。

今は民間の就職支援サービスが充実していますので、対象エリアにお住まいなら、ぜひ利用を検討して下さい。あなたの希望を尊重して正社員求人を探してもらえますし、志望動機、自己PRも一緒に考えてもらえますよ。

自分1人では自信を持てなくても、就活のプロにサポートしてもらえれば心強いですよね。履歴書の添削を行ってもらえれば、独りよがりな内容かどうか分かりますし、客観的な説得力も出しやすいです。

当サイトでも社会人未経験、フリーターから正社員を目指す情報を掲載していますから、色々とご覧になってみて下さい。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス