フリーターが中途採用されるポイント

中途採用のライバルはフリーターだけじゃない

フリーターが中途採用されるポイントについてです。

中途採用の面接を受けるのはフリーターだけではありません。業界経験が豊富なベテラン社会人も受けますし、彼ら、彼女たちに混ざりながら、少ない採用枠を狙う必要があるんですよね。

その企業の方針にもよりますが、一般的に中途採用は即戦力を期待しますから、経験者とフリーターが同時に履歴書を応募すれば、経験者を採用する会社が多いと思います。

履歴書を応募しても書類審査で落とされる、面接まで進んでも不採用になる、その状況が続けば、「どうせ次もダメだろう、無理だろう…」と諦めてしまうんですよね。

その結果、やる気のない履歴書を作成することもあるでしょう。志望動機が甘い、自己PRが練られていない、そんな履歴書を何通送っても書類審査には通過しません。あなたが思う以上に、履歴書の情報は採用担当者に伝わりますからね。

私も採用担当の仕事をしていましたが、情熱のない履歴書は一瞬で分かりました。手書きの履歴書なら文字の雰囲気だけで分かりますし、たとえパソコンで作成された履歴書でも、文章内容を見れば分かります。

時にそのような志願者と面接することもありましたが、履歴書の印象が覆ることはなかったですね。

自信を持って面接を受けるには?

「どうせ次もダメだろう…」というマイナスの思いは、自然に文章に反映されますし、面接時の態度や言葉遣いにも現われます。

そうは言っても、不採用が続けば初心を忘れてしまう、正社員への情熱を無くしてしまう、モチベーションが落ちてしまうのではないでしょうか?

どんなにメンタルが強い人間でも、未来が見えない状況が続けば自信をなくします。しかし、フリーターが中途採用されるには自信が必要です。

ベテラン社会人に負けない強みを考え、志望動機や自己PRに反映させ、自信を持って履歴書を作成し、確信を持って面接に挑む、その繰り返しで中途採用に近付くんですよね。

それは分かっていても…やはり不採用が続けばヘコむものです。対策としては、最初からフリーター歓迎の正社員求人の紹介を受けて下さい。

具体的には、就職支援サービスの利用ですね。民間の就職支援の中には、フリーターの中途採用に強い人材紹介会社があるので、そのようなサービスの利用がポイントです。

例えば、当サイト経由でご登録される方が多い就職サイトとしては、

があります。

ハタラクティブは関東エリア、特に東京都で正社員求人をお探しの方へオススメです。

DYM就職は会場が多いので、面談を受ける事が出来るエリアにお住まいの方はぜひ活用されてみてはと思います。

当サイトでもフリーター支援に強い紹介会社を掲載していますので、ぜひ参考にして下さいね。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス