職歴なし、20代後半が利用できる就職サイト

就職サイトのサポートを受けて就活する

職歴なし、20代後半から就活を始めるには、就職サイトのサポートが大切になります。自分ひとりで正社員求人を探そうと思っても、アルバイトの仕事探しとは違うんですよね。

私自身、アルバイト、契約社員、準社員、正社員、それぞれの面接を受けてきましたし、企業で人事採用の仕事も行っていました。そのような経験から分かるのは、正社員は採用する側(会社)も、採用を目指す側(志願者)も、共に本気度が高いということです。

お互い長く付き合う可能性が高いですし、正社員として朝9時~18時まで働くなら、お昼休憩を除いても1日8時間になります。さらに残業が入れば、1日で最も長い時間を組織で共有するわけです。

そのくらい生活に密着しているのが正規職員の仕事ですし、新卒よりも中途採用の方が、雇用する側も慎重にならざるを得ません。

大卒や高卒ですぐ働くなら、電話応対、来客対応、言葉遣い、名刺交換などの基本から指導しますが、20代後半の中途採用となれば、新人とは扱いが異なるでしょう。

もちろん、今までに正社員経験が無ければ、基本的なビジネスマナーから指導が入りますが、それでも22歳と29歳では感覚が異なるんですよね。働く側の感覚も違えば、指導する先輩や上司の感覚も変わります。

20代後半、職歴なしの理由を考える

よりストレートにお伝えするなら、『職歴なしの20代後半は就職のハードルが高い』ということです。

人事の担当者が真っ先には思うのは、「なぜ今まで就職しなかったのだろう?」という疑問ですね。20代前半なら別かもしれませんが、27歳、28歳、29歳になって職歴がないことに疑問を感じる担当者も多いはずです(私ならそう思います)

その際の切り返しを考える必要がありますが、自分ひとりで就活を行う場合、どうしても相手が納得できる回答を用意しづらいのです。

などの前向きな理由でも、上手く伝える必要がありますよ。

「なぜ夢が叶わなかったのですか?」
「なぜ資格学習をやめたのですか?」

面接担当官によっては、上記のような突っ込んだ質問をすることがありますし、その際の切り返しも考える必要があるでしょう。

また、そもそも20代後半で面接を受けられる求人が見つからない、という可能性もありますね。しかし就職サイトの中には、28歳、29歳でも利用できるサービスがありますし、正社員への情熱、仕事のやる気があれば、(タイミング次第で)早期に求人紹介を受けられるケースもあります。

例えばここ数年多くの20代既卒、フリーター就職支援サイトが増えましたが、その中で20代フリーター、既卒者の就職支援サイトとしてお勧めをしているのが、

などの就職支援サイトです。

ハタラクティブは関東エリアでの就職支援に対応。
ジェイックは東京を中心とした関東エリア、大阪を中心とした関西エリアの他にも、愛知や福岡、宮城といった地方都市でも就職支援を行っています。
そのため、より多くの正社員への就職を目指す方へオススメ出来る就職支援サービスです。

当サイトでは20代後半が利用できる就職サイトとして、上記をまずお勧めをしています。真剣に正社員への就職を希望される既卒、フリーターの方は、こうした就職支援サービスの活用も考えてみてはと思います。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス