20代後半、初めての就活という場合

20代後半からの就活は不安がいっぱい

20代後半、初めての就職って不安が大きいですよね。高校や大学時代の就活はもちろん、20代前半の就活と比べても色々考えると思います。

「もう20代後半だし、正社員は難しいかも」
「履歴書を送っても面接まで進めるかな?」
「30歳手前で雇ってくれる会社なんてあるだろうか…」
「職歴がないのに社員なんて無理かも」

などなど、諦める理由も多い年齢ですよね。

しかし実際に就職活動を行ってみなければ、分からないことが多いですよ。頭の中で考えている仮想現実と、リアルな現実は違いますからね。

もちろん20代後半の就活は、20代前半よりハードルは高いでしょう。私は元人事部で採用担当として働いていましたが、20代後半で正社員未経験の履歴書を見ると、

「なぜ今までに正社員経験がないのだろう」

と感じました。

それは他の企業の採用担当も同じだと思います。しかし30代で社会未経験の人間よりも印象は良いはずです。

中にはアルバイト経験を評価する業界もありますし、フリーターを続けた理由がポジティブなら、「面接で話を聞いてみたい」と考える企業もあるんですよね。

たとえば、夢を叶えるためにフリーターを続けているケースです。合格率の低い国家資格にチャレンジし続けるフリーターも、ある種、夢を追いかけていると考えられますね。

たとえ不合格であきらめるとしても、司法書士、公認会計士、税理士、弁理士、不動産鑑定士、社会保険労務士の学習内容は、目指す業界によっては役立つことがありますよ。

20代後半で正社員採用されるには?

20代後半で正社員採用されるかどうかは、あなたの性格にもよりますね。明るくて素直、コミュニケーションが得意で協調性があれば、20代後半でもチャンスが高いです。

企業としては、あなたを雇った後の社内の雰囲気、影響を考えますから、たとえ未経験でも情熱あふれる人材なら採用を考えるはずです。

それに、30歳と29歳の壁は、あなたが考える以上に厚いですよ。

27歳、28歳、29歳と採用担当者に与える印象は変わりますが、最も大きく異なるのが29歳と30歳なんですよね。30歳と31歳の差よりも、29歳と30歳は大きいですし、だからこそ20代のうちに積極的に正社員を目指すと良いでしょう。

そう考えると時間がないので、効率的に就職活動を進めて下さいね。

具体的には民間支援サービスの利用です。フリーター、第二新卒、既卒を対象にした人材紹介会社がありますから、そのようなサービスに登録して就職を目指してはどうでしょうか?

他にも、自分で検索するタイプの求人サイトに会員登録したり、ハローワークや求人雑誌、友人知人のコネなど、常に求人情報にアンテナを立てる必要があるでしょう。

そのような生活に変えることで、自然に正社員情報が集まりますし、その中にあなたの話を聞いてみたい、面接してみたい、そして採用したいと考える企業が現われる可能性があります。

自分から前向きに、積極的に行動し続けて下さい。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス