大学中退 フリーターから就職したい

大学を中退後しばらくはフリーターでもよかったけど…

大学中退後、フリーターとして働いているあなたへ。

中退してしばらくはアルバイト生活が心地良いかもしれません。私も大学中退ですが、在学中に「就職だけは絶対にイヤだ」と思っていたんですよね。毎朝ネクタイを締め、会社員として過ごすことに窮屈さを感じていたのです。

しかし22歳、23歳、24歳と年齢が重なれば感覚も変わります。やはりフリーターと会社員では安定性が違いますし、将来性も大きく異なるでしょう。生涯賃金だけ比べても、圧倒的に正社員が有利ですし、社会からの信頼度も違いますよ。

社会人未経験、職歴なしから正社員就職は苦労しました。
しかし、就活に成功。

私が最初に正社員採用されたのは24歳の時でしたが、その後の転職でも職歴が有利に働きましたね。社会人未経験の壁を一度でもクリアすれば、20代の内は転職しやすいと言えます。

しかし27歳、28歳、29歳と歳を取り、フリーターのまま30代に入れば、一気に正社員採用が厳しくなります。もちろん30代後半、40代と比較すれば有利ですが、大学中退のアルバイトから就職しやすい年齢は20代と言えるでしょう。

若い間は想像もうまくできないくらい、社会人未経験、職歴なしから正社員就職するのは大変です。

大学中退者の職種・業界選び

大学中退者が就職活動をする際、戦略なし、方向性なしで良さそうな求人に手当たり次第に応募する、といった就活方法はオススメ出来ません。

ブランク期間が長くなるほど、正社員就職が難しくなりますから内定率が高くなるように就職活動を考えて進めていくことが必要です。

好きな事が仕事にできれば良いのでしょうけれど、現実には難しいですよね。

また、特にやりたい仕事が無い、といった大学中退フリーター・ニートの方も多いと思います。

そうした場合も、職歴なし社会人未経験からでも就職が狙いやすい職種・業界から探してみる方法もオススメです。

人手不足の業界は、学歴不問・未経験者歓迎で正社員求人を多く見つける事が出来ますので、まず情報収集されると良いと思います。

人手不足の業界といえば、

・IT業界

をまず挙げることが出来るでしょう。

・介護
・運輸
・建設
・製造

なども人材不足となっており、高卒からでも就職できる企業は多数あります。

就職活動をするときに注意したいのは、やはりブラック企業へ就職してしまわないことです。

人手不足の原因が、離職率の高さであるかどうかは、事前に調べても分からない事が多いのです。

労働条件が悪く激務なブラック企業へ就職してしまうと、辞めたくても辞められないといった状況になるケースもあります。

最近は退職代行が流行っていますが、そうした辞めたくても辞められない状況も大いにあるでしょう。

就職支援サービスを利用して就活をしている場合には、職場に足を運び、しっかりと情報を得て安心して働ける企業を紹介してくれています。

ブラック企業は極力排除して紹介している、という事が就職支援サービスの売りとなりますので、そうした恐れ(ブラック企業への就職)を避けて就職活動をする事ができます。

大学中退者の就職先選びでは、職種選びが重要です。

どんな経験を正社員として積むかが、その後のキャリアに大きな影響を及ぼします。

学歴不問の正社員求人も多いですよ

大学中退の理由は様々だと思います。「大学生活に意義を見出せない」という理由もあれば、「夢を叶えるために中退した」という方もいるでしょう。「学費が払えなくなり、どうしても中退せざるを得なかった」という方もいると思います。

どのような理由にしても、大学中退をコンプレックスに感じる必要はありません。

大学中退=最終学歴は高卒ですが、今は学歴不問の正社員求人も多いですからね。正社員経験、会社員経験がなくても、人柄重視で採用している企業もありますし、まずはフリーター対象の就職支援サービスに無料登録して下さい。

自分では「大学中退で就職は厳しいかも…」と思っても、行動しなければ分かりません。アルバイト探しと同じ感覚では難しいですが、「本気で正社員になりたい!」と思い、客観的に評価される志望動機と自己PRを用意できれば、就職も現実的ですよ。

民間の就活支援を利用すれば、担当者からサポートを受けられますしね。一緒に志望動機を考えてもらえたり、履歴書添削、面接対策まで行ってもらえるサービスもあります。

もちろんあなたに合った正社員求人を紹介してもらえますし、ぜひ積極的に活用してみて下さい。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス

【DYM就職インタビュー】DYM就職がフリーター・ニートの就職に強い秘密とは?