20代後半 フリーターの就職活動

20代後半は将来について悩む年齢

20代後半、フリーターの就職活動に関するページです。

27歳、28歳、29歳という年齢になると、将来のことを考えますよね。

「このまま30代になれば就職がきびしいかも」
「結婚したいから正社員になって安定したい」
「いつまでもフリーターではいられない」etc。

このまま30歳になっても、絶対に正社員になれないわけではありません。しかし20代と比較して、就職が難しくなるのは確かでしょう。企業の採用担当者としても、20代と30代では印象が大きく変わるんですよね。

29歳と30歳はたった1年の違いですが、それでも20代後半と30代前半には明確なラインがあります。少なくとも、そのように考えている企業は多いと思います。

そのため、一時でも早く就職活動のスタートを切ってくださいね。

20代後半の就活はムダを省いた行動が大切

20代前半なら、じっくり時間をかけても良いかもしれませんが、20代後半は一日一日が勝負です。気を抜くと時間は流れますし、「気付けば30代だった…」という状況もありますよ。

しかし、やみくもに就職活動を行っても、正社員採用は難しいでしょう。

20歳、21歳、22歳、23歳のような年齢なら「数撃ちゃ当たる」で片っ端から応募し、面接を受けて採用されることがあります。20代後半でも積極的な姿勢は大切ですし、大量に行動する以外にポジティブな変化は起きません。それでも、20代前半と同じ考え方、同じ方針では難しいんですよね。

20代後半の就活はムダを省いた行動が大切です。言いかえれば、「考えながら行動する」ということです。30歳まで時間が限られている分、逆にひとつひとつの行動の質を高めてください。

正社員を意識すれば、自然と求人情報が目に入りますが、やみくもに履歴書を送っても、面接まで進みづらいのが20代後半です。常にハローワークで求人募集している中小企業もありますが、そのような求人には『ブラックな案件』も混ざっています。

私は20代前半でブラック企業に中途採用されましたが、あまりにもひどい労働環境だったんですよね。あなたが20歳~24歳なら、ブラック企業で働いてもリカバリーしやすいですが、25歳~29歳(特に28歳~29歳)なら、体力的にも精神的にも厳しいかもしれません。

そのため、まずは優良企業の紹介を受けられる就職支援サービスに登録すると良いですね。

民間の就職支援サービスを利用する

ハローワークのような公共職業安定所のメリットは

ですが、民間の就職支援の中には、手厚いサポートを受けられる所があります。そのような就職支援を利用すれば、

などを受けられますよ。

中には履歴書不要の支援サービスもありますので、気軽に会員登録されてみて下さい。(無料で利用できます)

そのように20代後半の就活は、単に行動量を増やすのではなく、「どうすれば30歳までに就職できるのか?」を徹底的に考えた上で行動してくださいね。

就職支援サービスを利用することで、20代後半のあなたをしっかりサポートしてもらえるでしょう。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス