もうすぐ30歳 フリーター 生活に不安

就職活動は20代のうちに

もうすぐ30歳という年齢は、フリーター生活に不安を覚えますよね。

20代前半はバイト生活でも夢を見られましたし、20代後半でも、「まだ20代だから…」という安心感があったと思います。しかし26歳、27歳、28歳、29歳と、1年ごとに年齢の重みが増していきます。周囲の見方としても、26歳と27歳で違いがありますし、28歳と29歳の印象も異なります。

その中で最も大きな一年が、29歳と30歳ではないでしょうか。30歳で正社員未経験となれば、就活のハードルが一気に上がりますよ。企業の人事担当者も、20代と30代で線引きする傾向にありますし、そのくらい30歳という年齢は微妙なんですよね。

民間の就職支援サービスの公式サイトを見ても、『20代のフリーター、第二新卒、既卒』という言葉が掲載されていることが多いですし、メインのサポート対象は20代までと予測できます。

もちろん30歳を過ぎても利用できる就活支援もあれば、ジョブカフェのような公共サービスもあります。しかし「もうすぐ30歳」という状況に不安を抱えているなら、今すぐ就職活動をはじめると良いですね。

29歳のうちにアクティブに就活を行えば、30歳の誕生日前に就職が決まることもありますので。

30歳までに正社員になりたい

私の弟が現在30歳ですが、長年フリーター生活を続けていました。しかし30歳の誕生日直前に、企業への就職が決まったんですよね。

彼はアルバイト先で社員とコネクションを作り、誘われ、正社員へステップアップした例ですが、「30歳までに社員になりたい」と常々語っていました。特に男性にとって、30歳という年齢は、仕事を見直すきっかけになるのではないでしょうか。

周囲に30代のフリーターがいれば、将来に不安を抱くかもしれませんし、同じ年齢(20代後半)でバリバリ働いている正社員がいれば、「自分はこのままで良いのだろうか…」と焦りを感じるかもしれません。

それはバイト先に限らず、友人知人も同様ですね。高校卒業後、ずっと正社員として働いている知人や、大卒で就職し、すでに役職に付いている友人がいるかもしれません。

私が働いていた会社の支店長も30歳だったんですよね。日々責任ある仕事を任されているせいか、しっかりした性格の支店長でした。クレームがあれば率先してお客様の話しを聞き、部下に指示を出し、業務が滞らないように目を配っていましたね。

同じ30歳でも、フリーター生活を続けての30歳とは大きく異なるでしょう。それは年収や福利厚生に関しても同様です。

アルバイトと正社員の大きな違い

アルバイト生活を続けても収入が低かったり、社会保険をはじめとした福利厚生の恩恵を受けられないかもしれません。特に賃金の問題が大きいですよね。

都心で時給1,000円、地方で時給800円の生活では、1人暮らしも厳しいのではないでしょうか。ぎりぎり節約して何とか暮らせるレベルと言えますし、結婚したり、子供を養えば更に厳しくなりますよ。

正社員になれば、会社によってはボーナスが支給されますし、月給も安定しますからね。万が一会社が倒産しても、正社員として身に付けたスキル・経歴は強いです。次の仕事探しの大きな武器になりますし、面接でアピールできるんですよね。志望動機もまとめやすいでしょう。

しかし30歳を過ぎてバイトをクビになれば…次のバイトを探すのも難しいのではないでしょうか。まだ30代前半なら、派遣登録で紹介を受けられるかもしれませんが、30代後半、40代になっても同じ状況だと厳しいですよね。

10代後半~20代の頃は、「40代なんでまだまだ先だよね」と思っていても、30歳が近付けばリアルに感じるようになります。20歳から30歳までの10年があっという間だったのと同様、30歳から40歳までの期間も、またたく間に過ぎて行きますよ。(私は今年で39歳ですが、そのことをリアルに実感しています)

その時に後悔しないように、今の不安をエネルギーに変えて、本気で正社員求人を探して下さいね。

バイト先で社員登用を目指しても良いですし、その可能性がなければ、就職支援サービスを利用して下さい。サポートを受けながら就活できるので、あなたの心強い味方になってくれますよ。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス