短期離職すると転職が決まらない?

入社1ヵ月で短期退職した男性
入社1ヵ月で短期退職した男性

入社した会社を短期離職した後、転職先を決めるために色々求人に応募しているけれど・・・なかなか転職先が決まらない。短期離職すると転職はやっぱり厳しいのかな・・・?お金も底を尽きそうだし、早く転職先を決めたい!

新卒で入社した会社や、転職した会社を数か月~1年以内など短期離職。

短期離職した後の転職活動で、なかなか転職先が決まらない時期が続いている方もいると思います。

転職先が決まらない時期が続くと、精神的に辛くなってきますよね・・・

無職の期間が長くなれば、お金の面でも厳しくなってきます。
貯金を取り崩す生活で、そろそろ貯金も底が尽きそう・・・
という方もいるかもしれません。

この記事では、

・短期離職後の転職活動がうまくいかない時に見直したいポイント
・短期離職者の転職にも対応している転職エージェント

をご紹介します。

短期離職すると転職が難しくなる

短期離職の後、内定がもらえない

短期離職後の転職は難しくなります。

人材募集をすると、様々な求職者が応募をしてきます。

採用担当者は履歴書や職務経歴書を見て、面接をするかどうかを検討することになりますが、応募者の職歴を比較、

「短期離職者の職歴」

はやはり印象は良くありません

企業の採用担当者が避けたいことの一つが、

応募者がすぐに退職すること。短期離職すること

なんですよね・・・

色々と事情があって辞めたのだと考えてもらえるとは思いますが、辞めやすい人材であるという印象を与えてしまうのは避けられません。

採用する側としては、人材を中途採用するなら長く働いてくれそうな人を優先するのは当然といえます。

短期離職後の転職活動で書類選考の通過率が悪い・・・と感じる人が多いと思います。

実際、書類選考の通過から厳しくなりますので、転職先がなかなか決まりにくくなるといえます。

転職活動の一般的な期間

短期離職の後の面接

転職活動は、一般的にどのくらいの期間かかるのでしょうか?

平均的な転職活動の期間は、

3ヵ月~半年

と言われています。

自己分析、業界研究、職種研究、履歴書や職務経歴書の作成など転職準備に約2週間。

希望の求人を探し、応募。

書類選考の返事にしても、企業によっては2週間など結果待ちの期間が発生します。

そのため、1社送って返事を待つ、というのは非効率ですよね。
並行して3社、4社と応募していきたいところです。

短期離職した後なら書類選考の通過率が悪いですから、なおさらです。

面接も多くの企業では2回、3回とありますよね。

求人に応募して面接が終わるまで1ヵ月半~2ヵ月ほどは見る必要があります。

内定が決まれば、待遇交渉、入社日調整などを行います。

内定を貰ってから入社まで2週間~1ヵ月といった期間ではと思います。
(あまりに早く入社を急かす会社はちょっと怪しい気もします)

既に退職済みとなりますので、退職手続きに時間を要する、退職がこじれてトラブルになる、といったこともないでしょう。

スムーズに転職活動が進んでも、3ヵ月ほどは期間が必要とみておいた方が良いでしょう。

短期離職の後、転職活動が長引いている場合

半年以上の転職活動になると、長引いていると考える必要があります。

3ヵ月以上、求人に応募を続けても書類選考が通過できない場合、応募書類の内容についてしっかりと見直す必要があります。

もちろん自分でも不採用のたびに履歴書や職務経歴書の内容を見直しているでしょうから、自分では気づけていない部分がネックとなっている可能性が高いです。

この後にご紹介しますが、第三者、転職エージェントを利用してアドバイスを貰うなどが必要となってくるでしょう。

短期離職の後、早期に転職先を見つけるには

短期離職の後、早く転職先を見つけたい・・・と焦る気持ちもあるでしょう。

失業状態が長引くと、生活費が苦しくなってくるからです。

短期離職の後だと、失業手当も貰えない方も多いのではないでしょうか。

短期離職の後、早期に転職先を見つける方法として、転職エージェントを利用する方法をおすすめしています。

短期離職者もOKの転職エージェントを利用する

短期離職者の転職活動は、厳しくなることが多いです。

入社1ヵ月で短期退職した男性
入社1ヵ月で短期退職した男性

無職の期間が長くなると、どんどん働く気持ちが無くなっていきそう・・・

お金の面も心配ですよね。

実家暮らしなら親を頼って生活できますが、一人暮らしで無職は経済的に厳しいです・・・。

お金が減り、貯金が底を尽きそうになると、言いようもない焦りにおそわれます。

もうブラック企業でもどこでも良いから働かないと、無理だ。。

と追い詰められる可能性があります。

短期離職者の転職活動の方法には、いくつも方法がありますが次の転職エージェントを利用する方法がおすすめです。

短期離職者の転職に強い、若者向け転職エージェント

ご紹介しているのは、主に20代向け、経験の浅い若者の転職支援に特化した転職エージェントです。

中には34歳、35歳まで利用可能な転職エージェントもあります。

年齢や転職希望エリア、などに応じて利用されることをおすすめします。

東京、大阪であればいずれの転職エージェントも拠点があり、利用可能です。

それ以外の地域、札幌や仙台、京都、神戸、静岡、岡山、広島、福岡といったエリアになると、DYM就職が利用可能なことが多いです。

ぜひ活用してみてください。

短期離職の後、おすすめ転職エージェント

第二新卒エージェントneo

短期離職、となると働き方が過酷、残業が100時間超などブラック企業だった方も多いのではないでしょうか。
第二新卒エージェントneoは18歳~29歳までの方をサポートをしてくれる就職エージェントです。エージェントです。短期離職者の就職にも強く、ブラック企業には就職したくない!という方におすすめです。

カウンセリングを丁寧に行い一人ひとりへのサポートが手厚いことへの評価も多いです。未経験OK求人も多いため、未経験職種への転職をお考えの方も相談してみてください。

改めて自分に合った会社を探したい、という方にもおすすめの転職エージェントです。

就職shop

就職Shop

就職成功者の4人に3人が正社員未経験!第二新卒の利用も多いです。
書類選考なしで面接からスタートできるから、職歴に自信が無い方におすすめ。

業界大手のリクルート運営なので、これまで培ってきた就職ノウハウ・企業との強いパイプが強み。安心感もあります。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

短期離職など経歴が浅い人の転職にも強みがある転職エージェントです。
未経験OK企業の求人が豊富。第二新卒や未経験・フリーターの就職に強いハタラクティブなら、正社員の職歴が短くても転職先が見つかる!

面接対策などのフォローもしっかりしているので、書類審査通過率・内定率ともに高いのが強み。

DYM就職

第二新卒の転職にも強いDYM就職です。18歳~35歳までの方をサポートをしてくれます。
利用可能なエリアは時期によって異なりますが、札幌、仙台、名古屋、京都、広島、福岡などで転職支援を利用することができます。
(他のエリアも利用可能なことがあります)

書類選考無しで面接を受けることができるのは、大きなメリットです。

DYM就職は短期離職の後の転職にも利用することができます。内定獲得までの期間が短い利用者が多いことも特徴です。

転職サイトで自力で見つける

リクナビNEXTやマイナビ転職といった転職サイトを利用して、自力で求人を探して応募していく方法もあります。

ただし、前述したように短期離職者の書類選考通過率は低く、転職活動が長期化する方も多いです。

一人でも常に応募書類の改善、面接対策をできる方向けの方法と言えます。

モチベーションを維持できることも重要になります。

職業訓練を受けてから再就職先を探す

スキルが無いからよけいに転職が難しいのでは・・・と悩んでいる場合、職業訓練を利用して技術・スキルを身に付けてから転職を目指す、といったこともできます。

などが職業訓練の代表的なコースです。

ただ、今の状況下で職業訓練を希望する方も増えているようで、受講したくても落ちる、といったケースも多いと言われます。

職業訓練に落ちるとさらにメンタル的にきつくなってしまうかもしれませんが、応募者多数、落ちた人は職業訓練を受けなくても転職できる人だと思われている、と考えるなどして転職活動に集中していきましょう。

短期離職の後、転職が決まらない辛い時期を乗り越えるには

短期離職の後の転職活動

短期離職した後、空白期間を作らないようにとすぐに転職活動を始める方も多いと思います。

しかし、スムーズに転職先が決まらない・・・

転職が決まらないと精神的に辛くなりやすいです。

気分転換を上手く行うことも大切ですが、転職活動のやり方自体を変えることも大切です。

辛い時期を乗り越えるには、一人で転職活動をすることを避ける必要があります。

家族に相談をしても、良い答えを貰えることは少ないでしょう。
無職でいる期間が長くなることで、小言を貰い、そこから揉めることもあるかもしれません。

第三者である転職エージェントを利用して、書類選考が通りやすそうな会社、今までの経験が活かせる会社、未経験歓迎の求人などを積極的に紹介してもらう方が、前向きに転職活動を続けていくことができます。

転職エージェントをおすすめする理由として、

「推薦状」

を送ってもらえる、ということもあります。

担当のコンサルタントが、あなたとのカウンセリング、転職活動への取り組みなどからアピールポイントを送付してもらえるケースが多いのです。

多くの求職者の転職支援を行ってきた転職エージェント。

転職エージェントにとっては企業も大切なお客様ですから、入社して活躍してくれそうな人材に求人を紹介することが多いです。

求職者、企業、双方にメリットのある転職となるようにサポートしてくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントを上手く活用することで、短期間に内定が貰えることも少なくありません。

短期離職1回目なら、そこまで評価は下がらない

短期で会社を辞めると、

何かあればすぐに辞める人材

我慢が足りない人材

といった評価を受けやすくなります。

ただし、短期離職の回数が1回目であれば、退職理由などをしっかりと説明することができれば、そこまで大きく影響することはないといえます。

短期離職者の書類選考通過率が悪いのは、転職サイトを利用して応募するときなどで、ライバルと比較されることも大きな要因となります。

そのため、記事中では書類選考なしで面接が受けられるような転職エージェントを先ほどご紹介しました。

短期離職で本当に転職が厳しくなるのは第二新卒の間に4社、5社と転職回数があるような人です。

そこまで短期離職の回数が増えるのは避けたいですね。

だからこそ、短期離職の後の転職先は、長く働ける職場を探す必要があります。

短期離職を隠すことはできない

職歴として、短期離職はやはり良い印象を与えません。

できることなら短期離職の経歴を無くしたい・・・隠したい。

そう思っている方もいるかもしれません。

中には入社して試用期間中に短期離職、といった方もいるでしょう。

2週間、1ヵ月、3ヵ月程度の職歴なら書かなくてもバレないのではないか・・・と思うかもしれません。

しかし、短期間であっても正社員として採用されていた場合には、社会保険の加入記録などが残っていると考える必要があります。

職歴を隠したとしても、社会保険の加入履歴から以前の会社の勤務歴がバレる可能性が高いです。

経歴詐称によって解雇される可能性もあります。

そうしたリスクを冒すよりは、短期離職の経歴を受け入れてくれる会社を探した方が良いのではないでしょうか。

短期離職の伝え方

短期離職をどう伝えるか、ということも悩ましい問題です。

特に面接では、

どうして半年で前の会社を辞めたのですか?

1年半で退職した理由を教えてください

と退職理由を質問されます。

本当の退職理由が超絶ブラックな労働環境だった場合には、素直に伝えても納得してもらえる可能性はあります。

ただし、伝え方の注意点としては他責になりすぎないようにすることが大切です。

健康面を理由とする場合には、今はもう働くには問題ないことをアピールしましょう。

面接ではできるだけ、ポジティブな受け答えになるように話をもっていく必要があります。

短期離職の伝え方のポイントとしては、

・短期離職したことへの反省
・今後の仕事への前向きな姿勢
・長く働けること

をしっかりとアピールすることです。

前回は企業研究が不足していました。自分がやりたい仕事と転職先の業務内容がずれていた、もっと企業研究をするべきでした。 今後は〇〇の経験を積むために、御社への入社を希望しています。 入社後はスタッフの皆様と積極的にコミュニケーションを取り、早く業務に慣れ貢献していきたいです

といったように、ポジティブな志望動機につながるように、面接対策をしっかりと行っておきましょう。

短期離職後、おすすめ転職エージェント

最後に、短期離職後におすすめ転職エージェントを改めてご紹介します。

アドバイスを貰いながら転職活動をすることで、内定率の高い転職活動ができます。

最初から利用しても良いですし、自力での転職活動が上手くいかないときに利用されるのも良いと思います。

活用できるものはしっかりと活用することが、短期離職後の転職活動を長引かせないポイントです。

短期離職の後、おすすめ転職エージェント

第二新卒エージェントneo

短期離職、となると働き方が過酷、残業が100時間超などブラック企業だった方も多いのではないでしょうか。
第二新卒エージェントneoは18歳~29歳までの方をサポートをしてくれる就職エージェントです。エージェントです。短期離職者の就職にも強く、ブラック企業には就職したくない!という方におすすめです。

カウンセリングを丁寧に行い一人ひとりへのサポートが手厚いことへの評価も多いです。未経験OK求人も多いため、未経験職種への転職をお考えの方も相談してみてください。

改めて自分に合った会社を探したい、という方にもおすすめの転職エージェントです。

就職shop

就職Shop

就職成功者の4人に3人が正社員未経験!第二新卒の利用も多いです。
書類選考なしで面接からスタートできるから、職歴に自信が無い方におすすめ。

業界大手のリクルート運営なので、これまで培ってきた就職ノウハウ・企業との強いパイプが強み。安心感もあります。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

短期離職など経歴が浅い人の転職にも強みがある転職エージェントです。
未経験OK企業の求人が豊富。第二新卒や未経験・フリーターの就職に強いハタラクティブなら、正社員の職歴が短くても転職先が見つかる!

面接対策などのフォローもしっかりしているので、書類審査通過率・内定率ともに高いのが強み。

DYM就職

第二新卒の転職にも強いDYM就職です。18歳~35歳までの方をサポートをしてくれます。
利用可能なエリアは時期によって異なりますが、札幌、仙台、名古屋、京都、広島、福岡などで転職支援を利用することができます。
(他のエリアも利用可能なことがあります)

書類選考無しで面接を受けることができるのは、大きなメリットです。

DYM就職は短期離職の後の転職にも利用することができます。内定獲得までの期間が短い利用者が多いことも特徴です。

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス

【DYM就職インタビュー】DYM就職がフリーター・ニートの就職に強い秘密とは?

短期離職 関連記事

短期離職すると転職が決まらない?