30代 職歴なしニートから就職

30代職歴なしニートから就職

30代で職歴なしニート生活を送っていると、将来が不安で・・・と気持ちが大きく落ち込んでしまう瞬間も多いのではないでしょうか。

私も30歳の頃、ニート期間が1年ほどありましたが、

このままニートを続けていたらどうなるんだろう・・・

就職活動をしても、ニートは採用されないのでは・・・

など、考えることは基本的にネガティブなことばかり。

きっと家にずっと引きこもっていたせいかもしれません。

実際に就職活動をするために就職エージェントの担当者とコミュニケーションを取ったりし始めてからは、考え方もポジティブに変わってきました。

ずっとニート、引きこもり生活を続けたい、と考えている方はそもそもこうした職歴なし30代ニートの就職、といった情報は探していないと思います。

この記事では、30代 職歴なしニートから正社員になる方法をご紹介しています。

30代 職歴なしニートから就職するための就職サイトを先に見たい方はこちらです↓

⇒ 職歴なし30代ニートが正社員になる方法

職歴なし30代でニート、引きこもり生活はヤバイ

控えめにいっても、職歴なし30代でニート、引きこもり生活はヤバイです

ニート生活から脱出して、家に引きこもっていた30歳のあの時期を思い出すと、暗黒ですね。

昔の自分にもっと早くニート生活、引きこもり生活を脱出したほうが良い、と言ってやりたいです。

顔を合わせれば仕事のことを言われますから、だんだんと親と会うのも避けるようになっていて・・・

もし、30代の方でそうしたニート生活になっている方がいるようでしたら、早くニート生活を脱出して正社員を目指されることをおすすめします。

結局、人は一人では生きていけませんし、親も今は元気で養ってくれているかもしれませんが、それがこの先もずっと続く保証はありません。

明日急にケガをしたり、病気になって働けなくなる可能性も、もちろんあります。

経済的に一気に困窮する可能性があります。

ニート、引きこもり生活は続いていく

ニートで引きこもり生活をしていても、就職はできませんしニート生活がずっと続いていくでしょう。

まだ若いから・・・と思っていた20代も、ニートでいることに後ろめたさはありましたが、30代になると無職、ニート、30代で職歴なし、といったことが私はさらに重たくなりました。

誰とも会いたくない、そんな時期が結構続いてしまいました。

30代で職歴なしニートを続けているリスクは大きいと思います。

ニートから正社員就職するには1歳でも若い方が有利

ニート脱出して正社員になるには、年齢が若い方が絶対に有利です。

特に分かれ目となるのは、29歳と30歳です。

求人の数が激減しますね。
実際、焦りました・・・

30歳以上も、年齢が上がるごとに応募できる求人は減っていくと考えて良いでしょう。

「そろそろ正社員にならないと・・・」

と思っている方は、早めに就活をスタートしたほうが良いです。

同じように職歴なし30代ニートの方がいるのでしたら、ぜひ正社員として就職するために就活をスタートしてみてください。

30代で職歴なし、ニートからでも就職できる方法が今はあります。

就職しやすいのは30歳~34歳くらいまでと30代前半です。
30代後半になると、さらに求人も減り就職は難しくなっていきます。

そうなると、ニートの末路が待っています。

30代ニートを待つ末路

ニートの末路

30代ニートの末路も辛いと思いますが、40代でニートとなるとさらに悲惨といって良いと思います。

働きたいと思っても仕事が見つからないです。

40代になれば親もかなりの高齢、といった方も多いのではないでしょうか。

親が70代、80代になっているケースも多いかもしれないですね。

80代の親に養って貰っている状況は、紙一重といって良いでしょう。

40代になってから働きたいと思っても、職歴なしニートを採用してくれる会社はそうそうありません。

30代をニートで過ごしてしまい、40代ニートになってしまうと、もう働きたいと思っても手遅れになる可能性が非常に高いです。

生活保護の受給について

ニートの行く末として、生活できなくなるようであれば生活保護を受ければいいや・・・とお考えの方もいるかもしれません。

ただ、生活保護も誰でもが受けられるわけではなく、申請して審査を受ける必要があります。

生活保護の審査の結果、受給できない人も結構いるようです。

ニートだと「親と同居して経済的に支援を受けている」状態だと思います。

そのため、基本的にニートの間は生活保護の対象外となります。

生活保護を受けるとしたら、生活を養ってくれていた親が他界した時でしょうか。
その時には生活保護の受給対象になる可能性が高いです。

ただし、

「特段の理由もなく就労や求職活動を怠るなど、働けるにもかかわらず働く努力をしない人には、口頭や文書による指導・指示を行い、なおも改善が見られない場合には保護の停廃止を行います。」

といったケースもありますので、働くことを目指さなければなりません。

40代、50代になってから働くといっても、仕事は選ぶべくもないでしょう。

それであれば、30代のうちに、少しでも自分の興味のある仕事、続けられそうな仕事を選んで就職を目指した方が良いのではと思ってしまいます。

また、資産を保有していると生活保護の受給対象になりません。
そのため、資産を売却するなどが必要となります。

ニート生活を続けていき、生活できなくなったら生活保護を受ければ良いかな・・・と思っているとしたら危ない考えと言って良いと思います。

中年引きこもり、40代ニート、50代ニートとなると、親も高齢になっています。
既に社会問題となってきている現実もあります・・・

そうしたニートの末路は避けたい、と思っている方も多いのではないでしょうか?

そのためには、職歴なし未経験からまだ就職しやすい30代のうちに、社会復帰、正社員就職を目指すことをおすすめします。

30代職歴なし、ニートを続けるリスク

30代で職歴なし、ニート生活を続けていると、次のようなリスクが考えられます。

【30代でニート生活を続けるリスク】

・20代の頃のように動けない(体力が落ちる)

・30代になると応募できる求人が減る

・世間体が非常に悪い

・親の高齢化

といったことなどがあります。

30代でニート生活を続けるのは、リスクだらけといって良いでしょう。

とにかく働かないと、と思っても。

職歴なし未経験者にはできる仕事が限られます。

体力が必要な仕事しかない・・・としても、30代になると20代と比べてやはり体力が落ちています。
そのため、働きたくても働けないという可能性もあります。

無職ニートから就職を目指しやすい年齢は30代前半

ニートから正社員に

30歳になったばかりでしたら、まだ就職先を見つけやすいといえます。

職歴なしニートの方が正社員就職を目指しやすい年齢は、30代前半くらいまでです。

30代後半になると、未経験OKの求人自体が激減してしまいます。

40代ともなると、ニート、職歴なし未経験者を採用する会社はほとんどありません。

アルバイト・パートでなんとか見つかる、契約社員は厳しい・・・といった状況となりそうです。

仕事を選ばなければ就職先は探すことは可能ですが、今の状況下では、職種を選ばないで就職活動をしても厳しくなってきています・・・

少しでも仕事を選びたい、自分の適性にあった仕事を探したいといった場合には30代前半を逃さないで就職活動をすることが必要と言えるでしょう。

30代前半であれば、体力的にも不安視されることも少ないですし、業界によってはまだ若手と言われます。

自治体によっては行政が就職支援、補助を行っているケースもあります。

仕事への熱意、志望動機、長く働きたいこと、などをしっかりとアピールすることができれば、内定を貰うことは可能と言えます。

30代 職歴なしニートはバイトではなく正社員を目指した方が良い理由

ニートから社会復帰するのであれば、最初から正社員を目指した方が良いと思います。

「いきなり正社員は不安」

「採用されないかもしれないし・・・」

と、まずは採用されやすいパート・アルバイトを目指すといった考え方もあります。

ただ、できれば30代ニートの方は最初から正社員就職を目指した方が良いと思います。

30代はフリーターから正社員になるのも、とても難しいからです。

アルバイト経験があると、ニートよりは評価してもらえる可能性はありますが、結局「職歴なし」です。

「職歴なしニート」から「職歴なしフリーター」になります。

非正規から正社員になるって、本当に難しいです。

私の知り合い(35歳)はずっとフリーターから正社員になれないでいます。

30代でフリーターになった後、就職活動は厳しいですよ・・・。

フリーター歴が長くなってしまうかもしれません。

40代ニートの就職も絶望的ですが、40代フリーターも末路にいたる可能性があります。

正社員登用を期待してアルバイトを続ける人もいるかもしれません。
しかし、難しいでしょう。

ニートのまま年齢を重ねるのも避けたいですが、フリーターのまま30代を過ごすのも避けたいです。

アルバイト生活に慣れると、就活に取り組めなくなるかもしれません。

どんな状況であっても、今の生活を続けるのが楽なんですよね・・・

アルバイトから社会復帰する場合には期限を付けて働いたり、アルバイトをしながら就活もする、と決めておくと良いかもしれません。

以上のことから、就職活動ができる30代の方は、アルバイトやパートではなく正社員を目指した仕事探しがおすすめです。

職歴なし30代ニートが正社員になる方法

職歴なし30代ニートから正社員に就職する方法には、以下のような方法があります。

ご自身の状況に合わせて、就職活動の方法として利用してみてください。

ハローワーク

ハローワークを利用して就職活動をすることができます。

地元の中小企業の求人を多く見つけるならハローワークが便利かもしれません。

ただし、サポートは期待できません。

ハローワーク経由では企業の詳しい情報を得れないため、自分で調べることになります。

デメリットもありますが、地元の中小企業の求人を探すのには便利と思います。

⇒ ハローワークインターネット

サポステ(地域若者サポートステーション)

サポステは一歩踏み出せない人、動きたいけれど動けない人向けの施設です。

就職するための自信がない、人とコミュニケーションを取る自信がない、といった方はサポステに相談するところから始めてみてはと思います。

サポステには臨床心理士などが在籍しており、相談することができます。不安や悩みに対してカウンセリングを受けることができる施設です。

(施設により在籍スタッフは異なります。お近くのサポステにてご確認ください)

キャリアカウンセラーの資格を持つスタッフの方もいるため、就活の進め方についてなどもアドバイスを貰うことも可能です。

いきなり就活は無理、相談しながら少しずつ進めたいニートの方も利用してみてはと思います。

サポステは働くことに踏み出したい15歳~49歳までの方が利用することができます。

⇒ サポステ(地域若者サポートステーション)

職歴なし30代ニート、おすすめ就職エージェント

30代ニートの方の就職活動にも利用できる就職エージェントをご紹介します。

2019年以前ほど就職しやすい状況ではありませんが、この状況下でも未経験者採用に積極的な企業はあります。

30代ニートの方向けの求人を紹介してくれる就職エージェントとなります。

仕事を選び過ぎなければ、職歴なし30代ニートであっても就職することは可能です。

まずは仕事を選び過ぎず、広く情報収集してみることをおすすめします。

(利用対象年齢にはついては、将来的に変更の可能性もありますので公式サイトにてご確認ください)

39歳まで就職支援、ジェイック

ジェイック

30代、職歴なしニートから正社員を目指す方も利用できる就職エージェントがジェイックです。

ジェイックでは30代専門の就職支援を開始しており、39歳まで利用可能な年齢が上がりました。

30代職歴なしニートの方におすすめできる就職エージェントです。

ジェイックは紹介先企業には直接足を運んでいます。
社内の雰囲気、研修体制、福利厚生などしっかり確認して紹介するようにしているということです。

ブラック企業を徹底的に排除しているので安心です。

また、ジェイックは手厚い就職支援講座が特徴です。

講座を受ける中でビジネスマナーを学び、応募書類の準備、面接対策などもできます。
ゼロから就活を始める方にもおすすめです。

紹介する求人としては、営業職の比率が多いです。

ジェイックの特徴としてもう一つ。書類選考なしで面接を受けることができます。

書類選考なしは、ニート歴が長い方にはメリットが大きいでしょう。

ニート歴が長くても、正社員就職の成功事例が多数の就職エージェントです。

利用可能な地域も広いので、ぜひ活用してみてください。

就職後、1年のフォロー体制せいもあり定着率の高さも魅力です。

⇒ ジェイックの就職支援 詳細はこちら

35歳まで就職支援、DYM就職

DYM就職は35歳までのニート・フリーターの方が利用可能な就職エージェントです。

職歴なし、経験の浅い若手の就職・転職支援を行っています。

DYM就職では書類選考なしで面接を受けることができることも、大きな特徴です。

DYM就職の就職支援が利用可能なエリアは、

東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡など。

時期により他にも多くのエリアに拠点を設置し、就職支援が利用可能です。

ぜひDYM就職の公式サイトで利用状況を確認してみてください。

⇒ DYM就職の就職支援 詳細はこちら

東京しごとセンター【ミドルコーナー】

東京都で正社員就職を目指したいのでしたら、東京しごとセンター ミドルコーナーも活用することができます。

30歳~54歳のための求職サイトです。

東京しごとセンターは東京都の委託施設。

専任の就職支援アドバイザーが在籍し、30歳~54歳の方をい対象として就職支援を行っています。

東京都で就職支援を受けるなら、東京しごとセンターミドルコーナーもぜひ活用をおすすめします。

⇒ 東京しごとセンター【ミドルコーナー】詳細はこちら

職歴なし30代 ニートが就職するには就職支援が重要

30代、職歴なしニートの方が正社員として社会復帰するには、就職支援サービスを利用する方法をおすすめします。

一人で就職を目指しても、挫折する可能性があります。

応募書類や面接対策は、第三者のアドバイスを貰った方が良いと思います。

自分一人ではアピールできる内容にするのは難しいです。

ご紹介したような就職エージェントを利用される方法がおすすめです。

今の年齢にもよりますが、30代ニートが就職するのはとても大変です。

まして求人が減ってきている今の状況下ですから、最初から応募可能な未経験OKの正社員求人を紹介してもらった方が効率も良いでしょう。

職歴なしニートから就職しやすい仕事を狙うこともポイント

30代職歴なしニートの方が就職成功するには、採用されやすい仕事を狙うこともポイントになります。

仕事を選び過ぎないことが大切です。

どうしても自分には無理、きっと就職しても早々に退職してしまいそう・・・という仕事があれば、それは避けた方が良いでしょう。

しかしそれ以外であれば、最初は限定しすぎずに求人を調べてみてください。

「職歴なしニートから就職しやすい仕事を狙う」

ことは重要なポイントです。

30代ニートの就職先、人手不足の業界を狙う

人手不足の業界は未経験歓迎、30代もOKの求人が多いです。
そのため、就職先として狙い目といえます。

介護職、工場勤務、営業職、販売職など。

30代前半くらいまでなら、プログラミングスクールで学んでスキルを身に付ければITエンジニアへの就職を目指すといったこともできるでしょう。

勉強しても、30代後半になると厳しいです。

こうした仕事は、いずれも人手不足、未経験OKの求人が多い仕事となります。

就職エージェント経由でもこうしたお仕事の求人を紹介してもらえる可能性があります。

30代ニートの就職は大変です。
長引くかもしれませんが、諦めないという前提で就職活動に取り組む必要があるでしょう。

記事中でご紹介した就職エージェント

30代 職歴なしニートから正社員になる方法、記事中でご紹介したのは以下の就職エージェントです。

いずれも利用は無料ですから、ぜひ活用してみてください。

⇒ ジェイックの就職支援 詳細はこちら

⇒ DYM就職の就職支援 詳細はこちら

⇒ 東京しごとセンター【ミドルコーナー】詳細はこちら

記事中でご紹介した、ジェイックに関しての関連記事もご覧になってみてください。

30代ニートにおすすめ、ジェイック

ジェイックは30代ニートも利用可能、正社員就職支援

20代社会人未経験におすすめ就職支援サービス

【DYM就職インタビュー】DYM就職がフリーター・ニートの就職に強い秘密とは?

30代 仕事探し 関連記事

30代 フリーター就活サイト

30歳で社員経験無しが就職するためには

ジェイックは30代職歴なしフリーターおすすめ就職支援サイト

ジェイックは30代ニートも利用可能、正社員就職支援

30代 職歴なしニートから正社員になる方法